【英検1級参考書】一発合格した私が絶対的におすすめしたい教材12選

こんにちは、元英語講師として英検を指導し、個人的には英検1級を初受験で一発で取得したヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

英検1級に合格する為に勉強したいけどどの教材や本を使って勉強すればいいのか分からない!

そんな悩みを抱えている英検1級受験者の方はいませんか?

英検1級は受験料も英検の中では一番高く、教材も他の級よりも高くなっているのでできるだけ無駄にたくさん買うのは控えたいところです。

これまで私は英語講師として英検を指導した経験があるだけでなく、自身も英検2級、準1級、1級とすべて一発で合格して来ました。

英検に向けたおすすめ教材については自信を持っています。

今回はそんな私が英検1級合格を目指して勉強する際におすすめしたい教材、本、対策本などなど重要度順にすべて紹介していきます。

本気で英検1級で一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

英検1級でる順パス単 重要度★★★★★

英検1級の単語学習はこれ以外必要ありません、自信を持って言えます。

基本的にいわゆる「ネイティブでも難しいと感じる英検1級単語」というのは筆記試験の一番最初「語彙問題」でしか出題されません。

私が英検1級に合格した時はこのパス単の7割強を覚えて本番に挑みましたが、この語彙問題は25問中24問に正解しました。

もう既に自分の中で確固たる英単語の覚え方を持っている人は先ほども言いましたがそれを変えずにそのまま覚えていきましょう。

しかし、まだしっくりくる覚え方を持っていない人にとっておすすめの英単語の覚え方を紹介します。

こちらは私が英検1級取得し、累計15,000語を覚えた単語カードもしくは暗記アプリを使った単語学習です。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

なぜそのような覚え方がダメな覚え方なのか、そして私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

英検1級過去問集 重要度★★★★★

どんなテストでもそうですが過去問研究は必須です。

いくら問題集があるとはいえ、やはり実際に出題されたことのある過去問の方がレベルや形式が一番正確だからです。

英検1級用の過去問集であればこの6回分収録のものが一番です。

過去問の使い方や使い時などは以下の記事で紹介しています。

最短合格! 英検1級問題完全制覇シリーズ 重要度★★★★☆

英検1級はそれ以前の級以上にしっかりとした対策が必要になります。

勉強法の記事でも紹介しましたが、私は部門別での対策は必須だと考えています。

特にリスニングが苦手、と言う人はこちらのリスニング特化の問題集で対策を進めていきましょう。

そしてもちろんリスニング以外にも英作文(ライティング)はこの完全制覇シリーズで対策を進めていくのをおすすめします。

英検1級 長文読解問題120 重要度★★★★☆

先ほど紹介した完全制覇シリーズと同様、長文読解の個別対策はこちらの書籍がおすすめです。

語彙問題は単語学習でほとんどカバーできるので個別対策の必要性はあまりありませんが、長文はこのような問題集を使って必ず個別対策しましょう。

DAILY30日間 英検1級集中ゼミ 新試験対応版 重要度★★★☆☆

英検1級の問題集です。

1日30分とうたっている通り、非常にボリュームのある継続しやすい問題集となっています。

問題集を使うタイミングは、先ほどと重複しますがこちらの記事で紹介しています。

7日間完成 英検1級 予想問題ドリル 重要度★★★☆☆

先ほどの集中ゼミの方がおすすめですが、もう本番までに時間が少ない!という方はこちらの7日間完成の方もおすすめです。

SPONSORED LINK

英検1級総合対策教本 重要度★★★☆☆

これは英検1級の対策勉強を始める前に一読して欲しい本です。

英検1級の概要を知る事ができ、その後の対策がとてもしやすくなります。

大学生のためのアカデミック英文ライティング: 検定試験対策から英文論文執筆まで 重要度★★☆☆☆

英語文章のちゃんとしたライティングって知っているようで知っていない人が多いと思うんです。

英検1級では論文を書くわけではありませんが、ライティングスタイルはアカデミックライティングのスタイルであるべきです。

そして正しい英文ライティングにはやってはいけないルールがたくさんあります。

こちらの書籍では論理的にライティングを行うための方法、ルールがたくさん載っているので、ライティングのルールすら知らないという方にはとてもおすすめの良書です。

英文速読法を習得するためのおすすめ洋書3選 重要度★☆☆☆☆

英検1級の筆記試験には英文の多読、速読が効果的な対策になります。

ここで使いたい教材は日本語のものではなく、英語で書かれた洋書の「英文速読法テクニック書籍」です。

英検1級を受けようと考えている人であれば必ず読めます、ここまでのレベルまで来たら英語の書籍や教材を使って鍛えましょう。

今回は「英語の速読」を鍛える為のおすすめ洋書を3つ紹介します。

SPONSORED LINK

10 Days to Faster Reading

こちらは試験用の速読と言う訳では無く、普段通常の洋書を読むときに適用する事ができるトレーニングを提供する書籍です。

例えば

  • 目の動き
  • 個々のワードではなくかたまりとして読む
  • ささやきや頭の中で読んでいくのをやめる
  • 目的を持って読む
  • 本の種類によってリーディングスタイルを変える

などなど様々な貴重な情報が載っていてとてもおすすめです。

Grand Central Publishing
¥1,313(2020/03/31 00:36:11時点 Amazon調べ-詳細)

SPEED READING: The Complete Blueprint To Speed Reading

こちらも先ほど紹介したもの同様、英文速読に関するヒントがたくさん載っている本です。

最初に紹介した物よりも安価であり、電子書籍に抵抗が無い方であればKindle Unlimitedにて無料で読む事ができます。

Kindle Unlimitedでは、普段送料が高く、割高な英語学習関連の英語書籍(普通の洋書)も月額980円(初月は無料体験可能)で読む事ができるので多読にも非常に役立つ必須サービスだと私は考えます。

Speed Reading: Learn How to Read and Understand Faster in Just 2 hours

最後に紹介するのはある意味鉄板のAmazonのSpeed Reading分野の中でベストセラーを獲得しているこちらの書籍です。

長い本ではないのでサクッと読む事ができるのが非常におすすめな点です。

段階を追って速読に関するヒントを紹介し、他のスピードリーディング書籍とは少し別の視点で見ているのが面白いところです。

値段も激安なのでおすすめ!

さらにこちらも先ほど紹介したKindle Unlimitedにて無料で読む事ができます。

電子書籍に抵抗が無い場合はKindle Unlimitedで読む事をおすすめします。

以上が英検1級合格を目指すためにおすすめの書籍、教材12選でした。

これらの教材、書籍を使うタイミング、使い方などはこちらの記事ですべて紹介していますので、ご興味がありましたら参照してください。

英検1級の合格を本気で目指すならこちらの記事を必ず読みましょう!

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!
Secured By miniOrange