英検3級受験日まであと1週間なのに何もやってない!どうすればいい?

SPONSORED LINK

こんにちは、数多くの子供たちに英検3級を指導して合格させてきた元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

私も学生の頃はずっとそうだったのですが、とにかくやらなきゃいけないことがあるのに後回しにしてしまう、直前になって事の重大さに気づいて焦ってもうどうしたらいいのか分からない、そんな人多いのではないでしょうか?

英検3級の受験を考えている人の中にも

「英検3級の受験日まであと1週間しかない!」

「ほとんど何も対策できていない…どうしよう」

「何をしたらいいのか分からない、1週間で何ができるっていうの?」

そうテンパっている人もいるのではないでしょうか?

まず言っておかなければならないのは、残り2週間、1週間しか無い時点で何もやっていないという状況はかなりの緊急事態です。

その時点での英語の地力にもよりますが、合格できる確率はかなり低いでしょう。

ただせっかく受験料を払って受ける英検3級ですよね?何もしないで受験日を迎えるなんて絶対にしてはいけません。

できる事はあります。

残りの日数が少なくて焦っているのであれば、これまでやってこなかった自分を恨んで悲観するのではなく、まず今できる事を考えて、合格の可能性が低くても確率を1%から5%へ、5%から10%へ、10%から20%に上げるような努力をしましょう。

今回はそんな受験日まであと1週間しかないのに対策がほとんどできていない人や、全く自信がない人が残り1週間で出来る事を紹介していきます。

反省、悲観、自己嫌悪に陥る暇があったら今すぐ始めよう

残りの時間を有効に使えば合格できる確率は低くても上がる

英検3級を受ける事は知っていたけど残り1週間になるまでほとんど何もしていない…

そんな状況に陥ってしまう人がこの時点で考えがちなのは

  • どうして全くやらなかったんだろう、やってこなかった自分が嫌い
  • はー、どうせ受からないだろうな
  • 考えれば考えるほど何をすればいいのか分からなくなってくる
  • どうせたった1週間何やっても無駄だろうからやらないでおこう
  • 本番の日の自分が何とかしてくれるだろう

こういう事ですよね。

いや、残りの時間が少ないのであればそんな無駄な事を考える前に行動に移しましょう。

反省や悲観は本番が終わってからしましょう。

SPONSORED LINK

残り1週間しかない人が絶対に買うべき本2冊

でる順パス単英検3級

残り一週間しかないんです、たくさん本を買ってる暇はありません。

なんとか合格できる確率を少しでも上げられるようなものだけを手に入れましょう。

こちらは英検3級レベルの単語が頻出度順に掲載されている英検3級の勉強をするには絶対に手に入れておくべき本です。

残り一週間でとにかく1ページ目から知らない単語を出来る限り覚えましょう。

単語を知っていれば知っているだけ正解できる問題は多くなっていきます。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

なぜそのような覚え方がダメな覚え方なのか、そして私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいのでこちらも見ていってください!

SPONSORED LINK

7日間完成英検3級予想問題ドリル

もう一つは英検3級でどのような問題が出題されて、どんな感じなのかを掴むためにこの7日間完成ドリルを手に入れましょう。

これを選ぶ理由はただ一つ

「7日間完成だから」

もちろん質の良いものですし、残り1週間しかない人にとってはこれ以上ない本です。

必ず本番までに単語学習と並行してこの本を終えるようにしましょう。

あと1週間しかないけど全然対策してこなかった、でも少しでもやる気があって合格の確率を少しでも上げたいという人は今すぐネットでこの2冊を注文するか、書店に走って手に入れる事を私はおすすめします。

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!