【保存版】英検4級の本番で結果を出す為の解き方・対策完全ガイド

こんにちは、数多くの子供たちに英検4級を指導して合格させてきた元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

英検4級を受けたい!

英検4級に合格したい!

受験を考えているすべての子供や保護者が一貫して思っていることでしょう。

今回の記事では英検4級の合格へ向けて知っておくべき情報、対策、勉強法などを英語講師として英検4を指導、自身は英検1級を取得した筆者が全て網羅して紹介してガイドしていきます。

ぜひ英検4級の受験を考えている、控えている方は最後までご覧ください。

英検4級のレベルってどれくらい?小学生?中学生?何年生?

SPONSORED LINK

英検4級のレベルに関する公式的見解

日本英語検定協会の公式は英検4級のレベルに関してこのように定めています

4級は、英語の学習を始めて最初の目標となる5級の次に目指す級で、レベルは中学中級程度とされています。簡単な英語を理解することができ、それを使って表現することが求められます。5級より一段上の基礎的でかつ重要な内容が出題されます。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)に加え、スピーキングテストも導入します。なお、スピーキングテストは、級認定には影響せず、スピーキングテスト単位で合否判定されます。

引用元:日本英語検定協会

「中学中級程度」

中学2年生相当の英語力が問われるという事が予測できます。

という事はこのようにカテゴライズすると分かりやすいかもしれません

  • 英検5級:中学1年レベル
  • 英検4級:中学2年レベル
  • 英検3級:中学3年レベル

なのでもちろん英検4級は英語のできる中学1年生は受かります、僕の講師の経験上小学生のうちに英検4級を取得した子も知っていますし、多くの子達は実際に中学1年時に取得していた級でした。

つまり中学2年生で習う英語レベルまで先取り出来ている子なら全然受かってしまうレベルです。

英検4級は中学1年生が受けるべき?2年生が受けるべき?

先ほども言いましたが、私が英語講師として教えていた頃英検4級を受けていた子たちの多くが「中学1年生」もしくは「小学6年生」でした。

しかしそれは英会話スクールに通っていた

「周りの子達よりも英語ができるはず」

の子達であったので、そういう結果になったとも取れます。

しかし私が一番おすすめしたいのは中学1年生の受験です。

1学年上の先取りができますし、4級を取得すればもう次の級は多くの子達が中学卒業までに目指す英検3級です。

ゆとりをもって3級に準備をする事ができますよね。

またはそこまで英語が得意ではない中学2年生が英検4級の勉強をしながら学校の英語に追いつき追い越す、という事も非常におすすめです。

なので個人的に一番おすすめする受験者は

「中学1年生もしくは2年生です」

英検4級のもっと詳しいレベルや受けるべき人に関する情報はこちらの記事で詳しくまとめていますのでぜひご覧ください。

英検4級の合格ラインや合格率はどれくらい?

英検4級の合格率は大体65~70%

英検4級一次試験の合格率は大体65%~70%の間です。

日本英語検定協会は2016年まで毎回合格率を発表して来ましたが、2016年以降合格率の発表を行っていませんが、過去のデータ統計を見ていくと65%~70%がほとんどでした。

ちなみに最後に発表された2015年度の合格率は69.9%でした。

英検4級の合格ライン

日本英語検定協会が決めている英検5級の合格基準は

満点850点中419点です。

単純に計算すると約49%なので、最終的な得点が満点の半分あれば合格できます。

しかし問題ごとに配点が違うので、単純に何問正解したから合格というわけにはいきません。

英検4級にどれくらいの人が受験しているのかなどの追加の詳細情報はこちらの記事で紹介しています。

英検4級に合格するにはどれくらいの単語数を知っておくべき?

合格に必要な単語量は600~800単語

一般的に英検4級に合格するために必要最低限の単語量は600~800単語です。

英検5級が300~400単語だったので、必要単語量自体は倍になっている訳ですね。

ただ英検5級では数字や曜日などの単語もすべて含めてであったので、英検4級が600~800単語と言っても非常にシンプルなものばかりです。

英検のみならず英語学習での単語力の重要性など追加情報のまとめはこちらの記事でご確認いただけます。

さらに英検4級によく出る頻出単語を100個例文付きで一覧公開する記事を書きました!無料で頻出単語を100個知る事ができるのでぜひ見てみてください!

現段階の単語力を簡易的にチェックする方法

英検4級に向けて現段階受験者が単語力でどれくらいのレベルに居るのかチェックするとても簡易的なチェックリストを作成しました。

気になる方はこちらの記事でチェックする事ができます。

英検4級レベルの単語の覚え方

まず絶対にやってはいけないのは

  • ノートに書きだして覚える
  • 単語帳を眺めるだけ

この2つは絶対にNGです。

とにかく効率が悪く、覚えも悪く、良いところなど全然ありません。

特にノートに書きだすやり方は学校などでもまだやっているところがあるかもしれませんが、メリットが少なすぎます。

そもそも英検4級で直筆で英語を書く機会などないので綴りを覚えてもしょうがありません。

英検4級の受験者は小学生と中学生の両方がほとんどかと思います。

私は

  • 小学生の受験者→保護者の方と一緒に単語を覚える
  • 中学生の受験者→単語カードを使って覚える

という方法を推奨しています。

とにかく非効率的な方法で英単語を覚えていてもいずれ忘れてしまったり、何よりも時間と労力の無駄です。

私は中学生の受験者におすすめする単語カードを使った英単語の覚え方で10,000語以上の単語をこれまでに覚え、英検1級を取得しました。

効率は非常に大事です。

ノートに書きだすべきではない理由や、小学生、中学生におすすめする覚え方をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事でより詳しく紹介しています。

英検4級の構造、何問ある?どんな問題が出る?

英検4級筆記テストの構造

語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択15問
会話問題文脈に合った正しい会話フレーズを4つの選択肢から選択5問
並べ替え問題バラバラになった文章を正しく並び替える5問
長文内容読解メールなどの文章情報の全体を掴み問題に答える10問

英検4級リスニングテストの構造

会話応答文会話の最後の部分を4つの選択肢から探す10問
会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択10問
文の内容確認聞いた分の情報と一致するものを選択10問

時間は筆記試験は35分、リスニング試験は30分の合計65分のテストとなっています。

英検4級のもう少し詳しい構造が知りたい方は、こちらの記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

英検4級筆記試験の解き方と対策

第1部語彙問題の解き方と対策

英検4級の語彙問題には基本的に2つのパターンがあります

  • 登場人物が一人でその文章の穴埋め
  • 登場人物が二人で会話に応対する文章の穴埋め

例えば前者の登場人物が一人の場合、こんなような形式で問題が出されます。

「I practice ( ) because I want to be a baseball player.」

1. hard 2. same 3. short 4. kind

登場人物が2人の場合ではこのような形式で問題が出されます。

A:「What will you do for the winter ( )」

B: 「I will visit my grandfather.」

1. country 2. city 3. vacation 4. Tokyo

語彙問題の解き方のアドバイスとしては

  • まずは最後まで問題も選択肢も読む
  • 1つも分からないならすぐに諦める
  • 知っている単語を駆使して予想する

の3点です。

このような解き方や対策のさらなる詳しい情報はこちらの記事で紹介しています、ぜひご覧ください。

第2部会話問題の解き方と対策

英検4級の会話問題ではこのような問題が出題されます。

Boy: I watched TV for a long time yesterday.

Girl: How long did you watch TV?

Boy: ( )

1, It starts at 11 o’clock. 2, It’s 5pm. 3, I have 2 TVs. 4. About 4 hours.

会話問題の解き方のアドバイスとしては

  • キーフレーズやキーワードを掴む
  • 会話フレーズや単語を強化して挑む
  • 自分の知っている単語とフレーズを合わせてストーリー立てしてみる

の3つがあります。

英検4級でありがちなキーフレーズやキーワードの見分け方や、単語力強化の方法などもっと詳しい解き方と対策法はこちらの記事で紹介しています。

第3部並び替え問題の解き方と対策

英検4級の並び替え問題は日本語の文を表す英語を構成するために5つの選択肢から並び替えて、2番目と4番目に来る組み合わせを選ぶという割となれるまでに時間がかかるかもしれない問題です。

例題としては

明日の朝図書館に行きますか、ケン。

(①you ②will ③go ④to ⑤ the)

□□□□□library tomorrow morning, Ken?

1 ②-④ 2④-① 3①-④ 4②-③

2番目に来るのが①で4番目に来るのが④なので選択肢3が正解です。

2番目と4番目を選ぶというのが非常に複雑でやっかいですよね。

解き方のアドバイスとしては以下の3点を気を付けましょう。

  • 順番は頭で考えるのではなく必ず書きだそう
  • クエスチョンマークの有無を確認
  • ここに時間を使うかどうかは残り時間次第

この並び替え問題でなぜクエスチョンマークの有無を確認するべきなのかなど、もっと詳しい説明はこちらの記事で紹介しています。

第4部長文読解問題の解き方と対策

英検4級の長文読解は「長文」という程長い文章が出てくるわけではありません。

例えば

  • チラシの文面
  • メールの文面
  • 短い物語
  • 張り紙
  • スケジュール表

などが主なトピックです。

そして大問4はAからCの3つに分かれており、3種類の文章問題を解く事になります。

基本的には

  • A=2問
  • B=3問
  • C=5問

の問題数で構成されています。

ここでのアドバイスは

  • 本文の前に設問を読む事
  • 問題文のキーワードを見つける事
  • ちらしや張り紙の問題ではまず数字を探す事

の3点です。

なぜ本文の前に設問を読むべきなのか、の理由や、時間に余裕がなくタイムアップギリギリの時の対策法などはこちらの記事で詳しく紹介しています。

そして英検4級の筆記問題に関する概要、解き方、対策などのまとめはこちらの記事で紹介しています。

SPONSORED LINK

英検4級リスニング試験の解き方と対策

第1部会話応対文問題の解き方と対策

問題としてはこのようなものがあります

A: How was your winter vaccation?

B: It was great. I went to Tokyo.

A: Sounds good. How long did you stay there?

B:

1, I went to Disneyland.

2, Tokyo was great.

3, For a week.

もちろんリスニングですのでこれが全て音源で流されます。

要は「会話応答文」というのは文字通り最後の言葉に応答する正しい会話の選択肢を選ぶ問題です。

英検4級リスニングテスト第1部で大切なのは

「瞬発力」

です。

スクリプトを見ても難しい問題ではありません、そして選択肢も3分の1で非常にやりやすいです。

ただ、そんなシンプルな簡単な問題を一瞬で解けるかどうかはまた別の話です。

英検4級リスニングの会話応対文問題の解き方、対策、そして英語初心者の英語リスニング上達法の第1弾はこちらの記事で紹介しています。

第2部会話内容確認問題の解き方と対策

第2部ではこのような形式で問題が出されます

A: I went to baseball practice yesterday.

B: Oh really? Me too.

A: How long did you practice yesterday, John?

B: My practice was 3 hours.

Question: How long did John practice baseball yesterday?

1, One hour

2, Two hours

3, Three hours

4, Four hours

※赤文字は音声で再生されます

第1部は会話の流れの最後に応答する正しい選択肢を選ぶ問題でしたが、第2部では求められていることが違います。

「会話内容確認」

という名前があるようにリスニングで聞いた会話の内容を理解する事が求められるのが第2部のリスニングなのです。

英検リスニング第2部の解き方アドバイスは

  • キーワードをしっかり頭に落とし込む
  • 全体を把握する
  • 次の問題への準備

の3点です。

英検4級リスニング第2部でありがちなキーワードの種類やそれを見つける方法、そして英語初心者の英語リスニング上達法の解説第2弾はこちらの記事で紹介しています。

第3部文章内容確認問題の解き方と対策

英検4級リスニング第3部ではこのような形式で問題が出されます

My daughter’s birthday is next Monday. She likes drawing so I want to buy her color pens and a sketch book for her.

Q: What does the man want to buy for her daughter’s birthday?

1, pens and paper

2, pencils and a sketch book

3, a sketch book

4, color pens and a sketch book

※赤文字は音声で再生されます

第2部の会話内容確認問題と似ているような気がしますが、聞いている内容が全く異なります。

2人間での会話内容を理解して問題に答えるのが第2部のリスニング問題であった一方で、第3部の問題は1人の人の文章が音声化されてその内容をくみ取るようなものです。

第3部の解答アドバイスはほぼ第2部と重複しています。

「キーワードを逃さず掴む事」

これに尽きますね。

また、第3部では「誰が~をした?」という内容を問われる問題が多い傾向があるのでそれに向けて準備するのも重要です。

英検4級第3部でよく出る「誰が~した?」という問題例やそれに対する対策法、そして英語初心者の英語リスニング上達法の解説第3弾はこちらの記事で紹介しています。

そして英検4級のリスニング問題に関する概要、解き方、対策などのまとめはこちらの記事で紹介しています。

英検4級の合格に向けた勉強法とおすすめ本

英検4級合格のための対策勉強法

私は英検4級に合格するためには以下の3ステップを踏む必要があると考えています。

  1. 英検4級用単語帳を使って1冊の5割、6割程度覚える
  2. 単語学習のペースは落としながら問題集で英検4級の問題に慣れる
  3. 英検4級の過去問を使用して本番への準備をする

この3つのステップを踏んで本番に向かう事ができれば非常にいい結果を出せるはずです。

この3ステップのさらに詳しい情報や、やり方、そして問題集や過去問を使用するときに必ず気を付かなければならないルールはこちらの記事で紹介しています。

元講師がおすすめする英検4級用対策本

英検5級~2級を指導し、自身は2級から1級全て合格して持っていますが、一貫しておすすめしたいのは旺文社さんの対策本です。

英検準1級や1級にまでなると、英検だけでなく英語全般の知識も必要なので様々な対策本や教材が必要になりますが、英検4級であれば旺文社が出してる対策本だけで十分です。

そんな私が旺文社さんの対策本の中でもおすすめする本を5冊厳選してこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらは全て英検4級の対策や解き方、概要をまとめた記事なので、より詳しい情報は個別記事にてご確認をよろしくお願いいたします。

ぜひしっかり英検4級がどんなものなのかを知り、効果的に対策する事で合格を目指しましょう!

そして英検の申し込み方はこちらの記事で解説しています。

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!
Secured By miniOrange