【保存版】英検5級で結果を出す為の情報・対策・解き方などまとめ

こんにちは、数多くの子供たちに英検5級を指導して合格させてきた元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

英検5級を受けたい!

英検5級に合格したい!

受験を考えているすべての子供や保護者が一貫して思っていることでしょう。

今回の記事では英検5級の合格へ向けて知っておくべき情報、対策、勉強法などを英語講師として英検5級を指導、自身は英検1級を取得した筆者が全て網羅して紹介してガイドしていきます。

ぜひ英検5級の受験を考えている、控えている方は最後までご覧ください。

英検5級のレベルってどれくらい?小学生?学年は?

SPONSORED LINK

日本英語検定協会が定める見解

英検を運営する日本英語検定協会が定める英検5級のレベルとして

5級は、英語の学習を始めて最初の目標となる級で、レベルはおよそ中学初級程度とされています。初歩的な英語を理解することができ、それを使って表現することが求められます。基礎的でかつ重要な内容が出題されます。5級は、英語学習のステップの始まりです。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)に加え、スピーキングテストも導入します。なお、スピーキングテストは級認定には影響せず、スピーキングテスト単位で合否判定されます。

引用元:日本英語検定協会

というものがあります。

つまりレベル基準としては中学1年生レベルという事です。

英語を本格的に勉強し始めるのが中学1年生という事を考えると、小学生高学年の子達でも対策をすれば受かる事は全然可能なレベルです。

小学生中学年やそれ以下はどうなの?

英会話教室に既に通っていたり、英才教育を受けている子供であれば小学生中学年でも受かる可能性はあると言えるでしょう。

私の実際の経験なのですが、英検1級の試験にいかにも小学生らしき子が受けていたり、英検2級に小学生低学年らしい子が受けていたのを実際に見たことがありますので、英検5級に関しては頑張ればだれでも受ける事ができるし合格できる可能性は十分にあると言えるでしょう。

英検5級のもっと詳しいレベルや受けるべき人に関する情報はこちらの記事で詳しくまとめていますのでぜひご覧ください。

英検5級の合格率や合格ラインはどれくらいなの?

英検5級の合格率

英検5級の合格率は大体80%前後と言われています。

単純計算で5人受けて4人受かる計算になるので、いかに多くの子達が英検5級に合格しているのか、という事が分かるかと思います。

英検5級の合格ライン

英検5級は

  • 筆記試験425点
  • リスニングテスト425点

の合計850点満点で構成されています。

英検は新方式に変わってから合格ラインがきっちりと決められるようになりました。

日本英語検定協会が決めている英検5級の合格基準は

満点850点中419点です。

単純に計算すると約49%なので、最終的な得点が満点の半分あれば合格できます。

しかし問題ごとに配点が違うので、単純に何問正解したから合格というわけにはいかず

「過去問で50%正解していたからと言って合格するわけではない」

という事です。

英検5級にどれくらいの人が受験しているのかなどの追加の詳細情報はこちらの記事で紹介しています。

英検5級に合格するために知っておくべき単語数

合格に必要な単語量は300~400単語

基本的に英検5級に合格するために必要な単語力は300単語から400単語だと言われています。

これを多いと思うか少ないと思うのかは人それぞれですが、例えば曜日なんかは7個ありますし、数字なんかもそれぞれ1つずつ入っているので300~400という数字ほど難しいわけではありません。

英検のみならず英語学習での単語力の重要性など追加情報のまとめはこちらの記事でご確認いただけます。

さらに英検5級によく出る頻出単語を100個例文付きで一覧公開する記事を書きました!無料で頻出単語を100個知る事ができるのでぜひ見てみてください!

現段階の単語力を簡易的にチェックする方法

英検5級に向けて現段階受験者が単語力でどれくらいのレベルに居るのかチェックするとても簡易的なチェックリストを作成しました。

気になる方はこちらの記事でチェックする事ができます。

英検5級の単語はどう覚えるべきか

英検5級ともなると受験者の方は小学生の方が多いです。

まず保護者の方が小学生またはそれ以下の子供に英検5級を受けて欲しいと思うのであれば

「単語帳だけ買って子供に丸投げだけはしないでください」

とにかくこんな早いうちから英語が嫌いになってしまったら元も子もないですし、無理やり丸投げしてやらせるほど小学生のうちに英語をやる必要性は正直私は感じません。

しかし子供に英検を受けさせたいという保護者の方は大勢いるので、そんな時は必ず一緒になって単語を覚えてください。

クイズ形式なんかはとても効果的ですよ。

これまでの英語人生で10,000語以上覚えた私がおすすめする英検5級に向けた単語の覚え方はこちらで紹介しています。

英検5級の構造、何問ある?どんな問題が出る?

英検5級筆記テストの構造

英検5級のテスト内訳はこのようになっています

語彙問題文脈に合った適切な語句を選択肢4つから選択(短文)15問
会話問題会話の文脈に合ったフレーズを選択(会話)5問
文法問題与えられた語句を文脈に合わせて並び替え(短文)5問

合計25問の問題を25分で解く計算になります。

英検5級リスニングテストの構造

会話応答文会話の最後の部分を3つの選択肢から探す10問
内容確認聞いた情報と一致するものを選択5問
イラスト問題イラストの内容と一致しているものを選択10問

リスニングテストも筆記試験同様問題数は25問ですが、時間設定が5分短い20分です。

各リスニングは2回再生されるため、受験者にとってやさしい構造となっています。

英検5級のもう少し詳しい構造が知りたい方は、こちらの記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

SPONSORED LINK

英検5級筆記試験の解き方と対策

第1部語彙問題の解き方と対策

英検5級語彙問題では「登場人物が1人」と「登場人物が2人」の2パターンあります。

登場人物が一人の場合だと

「I ( ) soccer every Sunday.」

1. like 2. make 3. play 4. know

このような問題が

登場人物が二人の場合は

A:「I like humburger. How ( ) you?」

B: 「Me too.」

1. about 2. good 3. high 4. of

このような問題が出題されます。

簡潔に解答する際に気を付けるべきことを紹介します

  • 全部分からない単語なのであればすぐに諦める→語彙問題は分かるか分からないかのシンプルな問題なので、考え込む時間が無駄です
  • 見切り発車をしない、一度問題には目を通す→小学生にありがちな間違いです
  • 文章と選択肢を読んだうえで一発で分からないのであれば選択肢を削りながら探っていく→分かる単語を駆使して正答率を高めます

このような解き方や対策のさらなる詳しい情報はこちらの記事で紹介しています、ぜひご覧ください。

第2部会話問題の解き方と対策

会話問題は語彙問題と非常に似ていますが、求められる知識が異なります。

語彙問題では「単語力」が求められましたが、会話問題では「会話フレーズ力」が求められます。

例えば

Man:It’s rainy today. ( )

Woman:Sure!

1. Let’s watch TV. 2. Thank you. 3. I’m fine. 4. My sister likes baseball.

のような問題が出題されます。

語彙問題との違いを分かっていただけたでしょうか?

会話問題を解く際に気を付けるべきなのは以下の通りです

  • 選択肢を2つ削る→会話問題の選択肢4つのうち2つは完全に的外れなものです
  • 語彙問題とは違いすぐにはあきらめない→語彙問題では考えても時間の無駄なので全然分からないならすぐに諦めると言いましたが、会話問題は割と感覚で思い出せることもあるので語彙問題よりは考える事に時間を使ってもいいでしょう

会話問題に対するこの2つの解き方の詳細はこちらの記事で紹介しています。

第3部並び替え問題の解き方と対策

第1部の語彙問題、第2部の会話問題とは異なり、第3部の並べ替え問題では英語の言語的知識が必要になります。

一言で表してしまうなら英検5級レベルの「英文法」の知識が必要となります。

英検5級の並び替え問題は日本語の文を表す英語を構成するために4つの選択肢から並び替えて、1番目と3番目に来る組み合わせを選ぶという割と複雑と言えば複雑な問題です。

例えば

あなたのお兄さんはサッカーをしますか?

(① Soccer ② Brother ③ Play ④ Your)

Does □ □ □ □?

1.③-② 2.②-③ 3.①-③ 4.④-③

答えは

Does your brother play soccer?

なので、1番目に来るのが④、3番目に来るのが③なので、4が正解になります。

このような形式の並び替え問題が5問出題されます。

第3部の並び替え問題は英検5級の筆記試験の中では一番レベルの高いものとなっており、ある程度の文法的知識を知らなければなりません。

つまり対策するには文法の勉強をする必要があります。

英検5級の並べ替え問題の解き方の詳細や対策方法はこちらの記事でもっと詳しく説明しています。

そして英検5級の筆記問題に関する概要、解き方、対策などのまとめはこちらの記事で紹介しています。

英検5級リスニング試験の解き方と対策

第1部会話応対文問題の解き方と対策

リスニング試験の第1部「会話応対文」の問題形式は、実は筆記試験の会話問題とかなり似ています。

もちろん筆記試験が筆記なのに対して、会話応対文の問題は問題自体がリスニングが主となっています。

例えば

Is this your pen?

1.Yes, it is 2.Thank you 3.You’re welcome

これをリスニングで解くという形です。

筆記問題よりも選択肢が4つから3つになっているので正答率は高いでしょう。

この第1部の問題はいかに

「当たり前のことをすぐに応対できるのか」

という面を問われており、簡単な英会話感覚とスピードが必要になってきます。

英検5級リスニングの会話応対文問題の解き方、対策、そして英語初心者の英語リスニング上達法の第1弾はこちらの記事で紹介しています。

第2部内容確認問題の解き方と対策

第2部で求められるのは

「英語で聞いたことをいかに頭の中で想像できるのか」

という能力です。

問題形式としては例えば

A: What are you doing, John?

B: I’m watching a baseball game.

問題: What is John watching?

選択肢: 1.A football game 2.A baseball game 3.A tennis game 4.A basketball game

つまりこの例題でいけば

「Baseball」

という単語を聞いた時にいかにその情景を想像できるかどうか、でしょうか。

Baseballと聞いて野球のイメージが頭にあればこの問題はスッと解けるはずです。

「会話内のキーフレーズを掴む」

という面も非常に大切なのが英検5級リスニング第2部です。

英検5級リスニングの内容確認問題の解き方、対策、そして英語初心者の英語リスニング上達法の解説第2弾はこちらの記事で紹介しています。

第3部イラスト問題の解き方と対策

第3部はタイトル通りイラストベースの問題です。

第2部では英語で聞いたものを頭で想像する能力が必要だ、と言いましたが、第3部では絵で見たことを英語で情報化する能力が必要です。

問題は例えばこのようなものが出題されます

男の子たちが野球をしている絵(イラストは僕書けないので省略させてください)があって

1.The boys are playing basketball.

2.The boys are playing tennis.

3.The boys are playing baseball.

要は野球をしているイラストを見てすぐに「野球はBaseballだ」という思考になれば必ず解けるような問題です。

対策としては絵や写真を視覚で見てそれを英語で答えるような対策が有効です。

英検5級対策おすすめ本の記事でも紹介した絵単なんかでここの部分の対策はかなりできます。

英検5級リスニングのイラスト問題の解き方、対策、そして英語初心者の英語リスニング上達法の解説第3弾はこちらの記事で紹介しています。

そして英検5級のリスニング問題に関する概要、解き方、対策などのまとめはこちらの記事で紹介しています。

英検5級の合格に向けた勉強法とおすすめ本

英検5級に合格するためにとりあえず必要な主な勉強方法

一番簡潔に説明するのであれば、英検5級に合格するために必要な勉強法は主に2つです

  1. 英検5級レベルの単語、フレーズ習得
  2. 英検5級の過去問対策

もちろん受験者さんもこれが英語に触れるのが初めて、という人もいれば英会話教室なんかに通っている人も居るでしょう。

しかしこの2つだけは共通して必要なのかな、というのは感じます。

まず英検5級レベルの単語やフレーズを知らなければ話になりません、知らなければ問題を解く段階にしかない状態ですよね。

なので、まずある程度英検5級レベルの単語やフレーズを覚えてから、英検5級の過去問集を使って実践対策していくのが一番おすすめの方法です。

英検5級に合格するための勉強法はこちらの記事でもっと詳しく説明していますのでぜひご覧ください。

英検1級取得の元英語講師がおすすめする英検5級対策本

英検5級~2級を指導し、自身は2級から1級全て合格して持っていますが、一貫しておすすめしたいのは旺文社さんの対策本です。

英検準1級や1級にまでなると、英検だけでなく英語全般の知識も必要なので様々な対策本や教材が必要になりますが、英検5級であれば旺文社が出してる対策本だけで十分です。

そんな私が旺文社さんの対策本の中でもおすすめする本を5冊厳選してこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらは全て対策や解き方、概要をまとめた記事なので、より詳しい情報は個別記事にてご確認をよろしくお願いいたします。

ぜひしっかり英検5級がどんなものなのかを知り、効果的に対策する事で合格を目指しましょう!

そして英検の申し込み方はこちらの記事で解説しています。

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!
Secured By miniOrange