【英検5級筆記】並べ替え問題で点を取る方法と対策のコツ

こんにちは、数多くの子供たちに英検5級を指導して合格させてきた元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

ここまで英検5級の

  • 大問1「語彙問題」
  • 大問2「会話問題」

2つの解き方や対策法を解説して来ました。

今回の記事で解説するのは大問3の「並べ替え問題」です。

英検5級の筆記問題では最後の項目になります、「並べ替え」という事でより文法の能力を問うような問題となっています。

「知っているか知っていないか」

という語彙問題と会話問題とは違い、英検5級の並べ替え問題ではより言語としての英語への理解力が問われます。

感覚で英語を使っていてはなかなか難しいであろう問題と言いますか、論理的に英語の文章を作る際の順番など、日本語とは違う文法を理解している必要があります。

英検5級の合格率は非常に高いですが、ここの正答率で英語への理解がどれくらいあるのかをある程度見る事ができるでしょう。

今回の記事では英検5級の並び替え問題を解く方法や、それに向けて対策する方法を紹介していきます。

  • 英検5級並び替え問題の出題形式
  • 英検5級並び替え問題の解き方
  • 英検5級並び替え問題に向けた対策方法

本気で一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドから読んでください!

SPONSORED LINK

英検5級並び替え問題の出題形式とは

SPONSORED LINK

問題数は5問のみ

英検5級の筆記試験は

  1. 語彙問題15問
  2. 会話問題5問
  3. 並び替え問題5問

の25問構成になっています。

英検5級並び替え問題の問題例

英検5級の並び替え問題は日本語の文を表す英語を構成するために4つの選択肢から並び替えて、1番目と3番目に来る組み合わせを選ぶという割と複雑と言えば複雑な問題です。

例えば

あなたのお兄さんはサッカーをしますか?

(① Soccer ② Brother ③ Play ④ Your

Does □ □ □ □?

1.③-② 2.②-③ 3.①-③ 4.④-③

答えは

Does your brother play soccer?

なので、1番目に来るのが④、3番目に来るのが③なので、4が正解になります。

このような形式の並び替え問題が5問出題されます。

直近の過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検5級の並べ替え問題の解き方

先ほどの例を使ってみる

あなたのお兄さんはサッカーをしますか?

(① Soccer ② Brother ③ Play ④ Your

Does □ □ □ □?

1.③-② 2.②-③ 3.①-③ 4.④-③

1番目と3番目を当てれば良いだけの問題なので、まず分かりやすい1番目から考えるというのが一つの方法。

もう一つの方法が、□になっていない単語(この例題ではDoes)の前後をまず埋めていくという方法です。

ちなみに□になっていない単語は基本的に一番先頭か一番後ろにあります。

今回紹介している例題ではどっちの方法を使っても最初に考えるべきなのはDoesの次に来る単語です、DoやDoesの後ろには主語である(I, You, She, He, Your sister…など)が来るという事を知っていれば1番目はYour brotherが来るという事は分かるでしょう。

そもそもそのような文法事項を知らなければ解けないのがこの並び替え問題です。

あとはこの問題に限って言えば4つの選択肢を2つのブロックに分ける事ができますね

  1. Your brother
  2. Play soccer

あとはその2ブロックの中のうちどちらが先に来てどちらが後に行くのかだけを考えればいいだけです。

4つの選択肢からブロック分けしてそのブロックから入れ替えをやってみるのもいいかもしれません。

ここに時間を使うのか見直しに時間を使うのかは能力次第

並び替え問題は先ほども言いましたが英検5級の筆記問題で最後の項目です。

筆記問題の中では恐らく一番時間がかかるのがこの並び替え問題なので、たくさん時間を使って答えたいと思う人もいるでしょう。

それも正解です。

ただ、先ほども言いましたがこの並び替え問題はその前の語彙問題や会話問題と比べるとかなり英語の言語的理解力が求められます。

英語の文法はさっぱり分からない…なんて人にとって並び替え問題は相当難易度が高く、あてずっぽうになってしまうでしょう。

文法をある程度理解している人であればこの並び替え問題にたっぷり時間を使いましょう、しかし文法がさっぱりで英語の文章ではどんな並びが合っているのか全然分からないなんていう人はこの並び替え問題には時間をたくさん使わずに語彙問題や会話問題の凡ミスをなくすために見直しをした方がいいです。

英検5級の並び替え問題の対策法

文法対策は必須

何度も言いますがこの項目で必要な能力は英語における言語的理解力です、すなわち英検5級レベルの英文法を知っている必要があるのです。

そこでやはり一番効率が良く英検5級の結果に表れるであろう対策は過去問もしくは問題集を使った対策でしょう。

やはりどんなテストでもその傾向に合った対策をするのが一番です。

しかしとりあえずの目標地点が英検5級の合格では無く、最終的にはもっと先を見据えているのであれば初心者用の文法書を使った方が英検5級だけでなくその後の文法理解に役立ちます。

要は英検5級の並び替えを極めるのか、一般的な英文法理解を深めるのか、という事です。

もちろん前者の方が英検5級への即効性は高いですよね、その代わり後者ならば汎用性は高くなります。

どちらにせよ小学生なら対策は親御さんも一緒に行いましょう

英検5級の過去問や問題集を使うにせよ、初級者用の英文法書を使うにせよ、受験者が小学生ならば対策は親御さんも一緒に行いましょう。

英検5級の記事では何度も言っていますが、小学生に参考書なんかを買い与えて全部丸投げするくらいなら受けさせる意味なんてないです。

小学生のうちに英語を無理にやらせるのは無駄です。

むしろその時点で嫌いになってしまったら逆効果ですし、長期的に見たら必ずそれはネガティブな事が多すぎます。

なので、小学生の子が自らやる気にみなぎって自分でがつがつ勉強したい!なんて言わない限りはどの対策法を採用するにせよ一緒に対策してあげましょう。

それが出来ないのであれば英検の受験はしっかり自分で勉強できるようになる中学校に上がるまで待ちましょう。

  • 並び替え問題はたった5問
  • 文法に理解がある人ならここに時間を使う、そうでないなら見直しに時間を使う
  • 並び替えは先頭から考える
  • 並び替え問題は英検5級の過去問や問題集を使って対策するか、初級の文法書で学ぶ
  • 過去問や問題集の対策は必ず子供に丸投げしない事

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!