英検5級の筆記問題はどうやって対策すればいいの?解説します

SPONSORED LINK

こんにちは、数多くの子供たちに英検5級を指導して合格させてきた元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

英検5級は

  • 筆記試験
  • リスニング試験

の2つで構成されています。

どちらかだけができてもダメですし、両方とも試験前にしっかりと対策をしておく必要があります。

特に筆記試験の方がリスニングよりも才能や経験に依存する面が少ないので、対策の成果が出やすい傾向があります。

今回の記事では、英検5級の筆記試験にしっかりと試験前に対策して挑む事ができるように、英語講師として数多くの子供たちに英検5級を教えた経験と自ら英検1級まで合格したリアルな知識を活かして解説していきます!

  • 英検5級筆記試験で単語力が重要な理由
  • 英検5級筆記試験の構成内容
  • 英検5級筆記試験各セクションの解き方や解説
  • 英検5級で高得点を目指すための最終的な対策法

英検5級の筆記試験はまずレベル相応の単語を知らなければ…

特に英検5級は8割単語力で決まります

まず知っておいて欲しいのは、英検5級の筆記試験で良い得点を取る為には必ず「英検5級レベルの単語力」が必要になってきます。

僕自身英検5級から2級を指導して、自分は英検2級から1級まで受けて合格しましたが、英検5級は特に単語力の重要度が高いです。

それはなぜかというと、問題を見てもらったら分かるのですが、英検5級に長文読解などはありません。

極端な例を出せば英検1級なんかはかなりレベルの高い長文読解が出てきますが、英検5級の筆記問題はほとんど読解力を要さない単語力のみが問われる問題ばかりです(英検5級の個別の筆記問題は後で解説します)

つまり英検5級レベルの単語力がある=英検5級の筆記試験で合格点以上が取れる、と言っても過言では無い訳です。

単語はどうやって勉強すればいいの?

まず絶対にやってはいけないのは

  • ノートに書きだして覚える
  • 単語帳を眺めるだけ

この2つは絶対にNGです。

とにかく効率が悪く、覚えも悪く、良いところなど全然ありません。

さらに英検5級となると、受験者の方は小学生の方が多いでしょう。

小学生の子供に単語帳を買い与えて丸投げして、小学生が今までほとんど触れた事も無い英語の勉強ができると思いますか?

9割以上の子供は無理でしょう。

仮に僕が例えば小学6年生の頃にそんな状況に居たとしたらまず何をしたらいいのか分からないだろうし、英語も嫌いになっていたことでしょう。

なので、僕が一番おすすめしているのは親御さんも一緒に参加するクイズ形式の単語の覚え方です。

そうすれば少なからず楽しみの要素がありますし、小学生の子供にとっても英語が完全に未知なる世界ではなくなります。

逆に親御さんが忙しくそれができないというご家庭では英検5級の勉強はとりあえず見送って、自分自身でしっかり勉強ができるようになる中学生まで英語はやらせないという事をおすすめします。

小学生のうちに英語を半強制的にやらせるのは絶対に逆効果です。

ノートに書きだすべきではない理由や、クイズ形式の覚え方をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事でより詳しく紹介しています。

そして英検5級の対策に使うべき単語帳はこちらのもの一本で十分です、僕も1級に合格するまで各級のこの単語帳しか使っていません。

この1冊を終えればその級の単語は網羅できたと言っていいでしょう!

超コスパ良いです。

SPONSORED LINK

英検5級筆記試験の構成内容

英検5級の筆記試験は3つのパートに分けて構成されています。

  1. 語彙問題:15問
  2. 会話問題:5問
  3. 文法問題:5問

語彙(単語)問題がかなりを占めていることが分かりますよね、さらに会話問題も正直言って実質語彙問題と同じようなものなので、これが単語力で8割決まると言った理由です。

リスニングを合わせた英検5級の構造を詳しく知りたい方はこちらの記事で紹介していますのでぜひ。

英検5級大問1の語彙問題の解き方

英検5級の語彙問題の出題パターン

英検5級の語彙問題では

  • 登場人物1人
  • 登場人物2人

の2パターンがあります。

例えば例題としては

「I ( ) soccer every Sunday.」

1. like 2. make 3. play 4. know

こんな感じです、語彙問題というだけあってとにかく空白に当てはまる適切な単語を選ぶだけのシンプルな問題です。

直近の過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検5級の語彙問題の解き方

僕が効果的だと思う語彙問題の解き方は

  • 選択肢の中に分からない単語がある場合絶対に違うものを削っていき選択肢を絞っていく
  • 全部全く分からない選択肢の場合はその時点ですぐに諦めて次に目を向ける

この2つです。

1つ目はなんとなく分かるかと思いますが、2つ目の理由として、選択肢全てが見た事も無い理解できない単語だった場合、考え込んでも解決するはずがありません。

そういう所で考え込み過ぎて時間を無駄にしてしまう子供さん結構いるのですが、もったいないです。

どうせ出てこないものを考えてもしょうがないので切り替えてスパッと次に移った方が効果的です。

英検5級語彙問題の解き方や対策法はこちらの記事でもっと詳しく解説しています。

英検5級大問2の会話問題の解き方

英検5級会話問題の出題パターン

大問1の語彙問題とは異なり「会話問題」という文字が表すように登場人物は常に2人です。

出題形式もほとんど語彙問題と同じです。

例えば

Man:It’s rainy today. ( )

Woman:Sure!

1. Let’s watch TV. 2. Thank you. 3. I’m fine. 4. My sister likes baseball.

語彙問題との唯一の違いは、語彙問題の選択肢は単語であったのに対し、会話問題の選択肢は会話フレーズである事です。

求められていることが若干違うんですね。

英検5級会話問題の解き方

基本的にまずやってほしいのは

クイズミリオネアのように50:50に絞るという事です。

まずこの会話問題に出てくる選択肢の4つのうち2つは基本的に本当に的外れなものです。

例えば

「今日はいい天気だね」

という返しに

「ありがとう」

とか

「どういたしまして」

とか、絶対にありえないシンプルな選択肢が入っていることが多いです。

なのでまず選択肢を4つから2つに選ぶことが会話問題では重要です。

英検5級の他の重要な解答テクニックや、詳しい対策法はこちらの記事で紹介しているのでぜひご覧ください!

英検5級大問3文法問題の解き方

英検5級文法問題の出題パターン

文法問題は大問1の語彙問題、大問2の会話問題とは異なり、単語やフレーズ力だけでなく言語としての英語の理解力が問われます。

つまり英語がどのような構造で出来ているのか、日本語と英語の文法事項は異なっている、などの知識が必要となります。

そして英検5級の文法問題は「並べ替え問題」です。

あなたのお兄さんはサッカーをしますか?

(① Soccer ② Brother ③ Play ④ Your)

Does □ □ □ □?

1.③-② 2.②-③ 3.①-③ 4.④-③

そしてこの選択肢から1番目と3番目に来る組み合わせを選ぶ仕組みになっています。

よく大学入試なんかでもあるようなスタイルでしょうか。

要は①~④の個々の単語を理解していても、正しく並び替える事ができなければこの問題は解けません。

英検5級文法問題の解き方

1番目と3番目の組み合わせを最終的に選ぶのがこの英検5級文法問題なのですが、まずは分かりやすい1番目から考えていく方が分かりやすいです。

先ほど出した例題ではDoesの後に1番目がきており、Doesの次はShe, He, It, My brotherなどの単数名詞が来るというのは勉強していればなんとなく分かる事でしょう。

なのでとりあえずはスタンダードに1から順に入れていってみましょう。

そして対策としては、やはり文法の知識を付ける必要があるので、文法問題で点を取りたいのであれば単語帳だけでなく過去問での練習や初級の文法書で理解を深めるのもいいでしょう。

英検5級文法問題のさらなる攻略法や解き方はこちらの記事で紹介していますのでぜひご確認ください!

英検5級レベルの単語をある程度覚えたあとの対策法

SPONSORED LINK

どんなテストも過去問の研究が一番有意義

英検5級であろうと、他の級であろうと、他の英語テストであろうと、一番効果的で効率的な対策方法は過去問の研究です。

過去問を解いていくうちに傾向を掴んだり、形式に慣れていく事ができます。

確かに問題集でも良いのですが、テスト機関が作っていない問題集だとレベルに少し違いがあったりする場合があるので、対策をするのであれば一番のおすすめは過去問集ですね。

こちらが一番おすすめです、過去6回分も勉強する事ができ、値段も安いです。

基本的に英検用の参考書は旺文社さんの参考書を買っておけば間違いないと思っていただいて問題ありません。

それほど旺文社さん以上の英検対策本は見たことがありません。

  • 英検5級筆記試験の結果は単語力で8割決まる
  • 英検5級筆記試験各セクションの解き方
  • 英検5級筆記試験の攻略の鍵は過去問の研究

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!