【間違いなし】英検5級に向けた対策勉強におすすめの本5冊

SPONSORED LINK

こんにちは、数多くの子供たちに英検5級を指導して合格させてきた元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

英検5級を受けられる保護者の方に講師時代よく聞かれていたのが

「家で対策するにあたっておすすめの教材はなんですか?」

という質問です。

英検5級から2級を指導するだけでなく、自身も英検2級から1級まで実際に勉強して合格しているので、英検に向けたおすすめ教材については自信を持っています(英検教材は基本的に級に関わらず同じ場合が多いです)

今回の記事では、僕がおすすめする英検対策教材を厳選して紹介していきます。

英検5級 でる順パス単

まず単語やフレーズを勉強するためにこの「でる順パス単」の入手は必須です。

僕も2級から1級に受かるまで全級このシリーズの単語帳を使いました、しっかりとデータ分析されており、この単語帳を終わらせればその級のレベルの単語は完璧だと言えます。

正直この単語帳が無ければ「話にならない」そんな風に僕は思っています。

そして英検5級に向けた単語の覚え方はこちらの記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

そして英検5級の合格に必要と言われている単語量の情報はこちらの記事でまとめています。

さらに現時点での単語力が分からないという場合は簡易的ではありますがこちらの記事がおすすめです。

SPONSORED LINK

CD付 英検5級 絵で覚える単熟語

こちらも単語本ですが、単語を絵で覚えるような設計になっています。

このサイトの英検5級リスニング対策の記事を読んでいただいた方は既にお気づきかもしれませんが、もう一度少しだけ絵で覚える重要性を解説します。

英検5級リスニング第3部のイラスト問題で出てくる問題を正確に解くために必要な能力は

「イラストの内容を英語化する能力」

すなわちうさぎのイラストであったら「Rabbit」野球のイラストであったら「Baseball」など、イラストの情報を瞬時に英語化する能力が求められます。

この絵単ではその能力を存分に高める事ができます。

さらにCD付きなのでリスニング対策が捗りますね!

英検5級 過去6回全問題集

実践対策をするのであればまず問題集では無く必ず過去問を使用するようにしましょう。

というのも英検だけでなく英語のテストの問題集は実際の問題とレベルの上下があったりします、過去問であれば実際に出された問題なのでそれが起こる事はありません。

どのテストでも同じですが過去問の研究は対策として非常に有効です。

そしてただ単に解いて丸付けするだけでは無く、しっかりとどこで間違えたのか、どの単語を知らなかったのか、リスニングならどの単語を聞き取れなかったかなどをしっかりと割り出して隅から隅まで使いましょう。

何冊も問題をただ単に解くよりも1冊をしっかり隅から隅まで使った方が効果は絶対に高いです。

ちなみにこちらCDは別売りですのでお忘れなく!(過去問集だけ買ってCDを買い忘れる人結構います!)

小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル

過去問以外は基本的にやらなくても良いとは言ったものの、初めて英検5級を受ける方や、明らかにレベルが足りていないという人が過去問を解いても何も分かりません。

こちらのドリルは本当に英検5級の「入門書」のようなものです。

まだ過去問を解くレベルに達していないと感じる方や、最初はもっと基礎的なところから詰めていきたいという方はこちらをおすすめします。

最終的には過去問での対策は必須ですが、過去問に辿り着くまでにこのドリルを使ってみましょう。

お気づきの方もいるかもしれませんが、全て旺文社さんの英検対策本です。

英検対策の教材は基本的に旺文社さんのものがナンバーワンだと僕自身ずっと感じていますし、作りとクオリティが素晴らしいです。

なので今回僕が紹介した5冊以外で何かやりたいという事であれば、旺文社さんから出ている英検対策本を使われることを僕は強くおすすめします!

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!