英検5級の問題はどのように出題される?合格の為にテスト構造を学ぼう

こんにちは、数多くの子供たちに英検5級を指導して合格させてきた元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

受験勉強でも資格勉強でもなんでも試験に向けて勉強するタイプのテストを攻略するにおいて

「テストの構造・特徴を知っておく」

というのは必須です。

構造を知って全体像を理解した上でやっと効果的な対策が取れるのです。

構造をまず知らなければ必ず良い点数は取れません。

今回は元英語講師が英検5級のテスト構造を解剖していき、解説します。

  • 英検5級テストの全体像
  • 問題数配分
  • 時間配分

本気で一発合格を目指したい方はこちらの完全ガイドをご覧ください!

SPONSORED LINK

筆記テストは25分の配分

SPONSORED LINK

筆記テストの内訳

英検5級のテスト内訳はこのようになっています

語彙問題文脈に合った適切な語句を選択肢4つから選択(短文)15問
会話問題会話の文脈に合ったフレーズを選択(会話)5問
文法問題与えられた語句を文脈に合わせて並び替え(短文)5問

合計25問の問題を25分で解く計算になります。

単純計算すれば1問に1分使う事ができます、時間設定はかなり緩い設定になっています。

さらに全てが選択式であることを考えると、最初の語彙問題と会話問題をササっと終わらせて、並び替えの問題に時間を使う、というプランで良いでしょう。

筆記問題と言っても5級はリーディング、というような項目は無いので比較的対策しやすいですね。

筆記試験の個別解説は以下の記事で紹介しています。

リスニングテストは20分

リスニングテストの内訳

会話応答文会話の最後の部分を3つの選択肢から探す10問
内容確認聞いた情報と一致するものを選択5問
イラスト問題イラストの内容と一致しているものを選択10問

リスニングテストも筆記試験同様問題数は25問ですが、時間設定が5分短い20分です。

各リスニングは2回再生されるため、受験者にとってやさしい構造となっています。

さらに筆記試験の際は選択肢が4つだったのに対してリスニングテストは3つに減っており、例え分からなくてあてずっぽうで書いてしまったとしても正解の確率は33.3%です。

合格したいのであれば何も書かない、というのは絶対にしてはいけませんね。

あとは小学生のお子様が英検5級を受けるのであれば、20分間リスニングに集中できるかどうかも鍵になってきますね。

リスニング試験の個別解説は以下の記事で紹介しています。

英検5級は合計45分の50問

先ほどの内訳をつなぎ合わせるとこのようになります

筆記

語彙問題文脈に合った適切な語句を選択肢4つから選択(短文)15問
会話問題会話の文脈に合ったフレーズを選択(会話)5問
文法問題与えられた語句を文脈に合わせて並び替え(短文)5問

リスニング

会話応答文会話の最後の部分を3つの選択肢から探す10問
内容確認聞いた情報と一致するものを選択5問
イラスト問題イラストの内容と一致しているものを選択10問

まずこの問題数と時間配分を理解した上で解答プランを練っていくと必ず効果的に解く事ができ、時間切れになる確率は減るので、合格により近づく事ができるでしょう。

  • 筆記テストは3項目の25問25分
  • リスニングテストは3項目の25問20分
  • この問題数と時間設定を基に解答プランを練ると合格に近づける

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!