この中の単語7問分からなかったら不合格!英検5級単語テスト

こんにちは、英検1級に一発合格した元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

英検の受験を控えて

「自分でも受かるかな」

「うちの子供は今回合格できるかな」

「心配だなぁ」

そう思っている人は結構いる事でしょう。

今回は現時点で受験者様がどれくらいのレベルにいて、落ちてしまう確率がどれくらいあるのかを簡易的にチェックできるように頻出単語を10個厳選して、そのうちのどれくらいの単語をしっかりと理解できれば…という事を紹介していきます。

※確立に関してはこれまで英検5級を数多くの子供に教えてきた筆者の肌感覚です

  • 英検5級に出てくる頻出単語10個の紹介
  • 10個の単語中の正解数で導き出す合格の可能性
  • 実力が足りない場合今何をするべきなのか

本気で一発合格を目指したい方はこちらの完全ガイドをご覧ください!

英検5級の頻出単語10選

  1. Like
  2. Study English
  3. Eat breakfast
  4. Read
  5. Year
  6. Cloudy
  7. Listen to music
  8. Wednesday
  9. October
  10. Know

SPONSORED LINK

英検5級頻出単語10選の答え

  1. Like→好き
  2. Study English→英語を勉強する
  3. Eat breakfast→朝食を食べる
  4. Read→読む
  5. Year→年
  6. Cloudy→曇り
  7. Listen to music→音楽を聴く
  8. Wednesday→水曜日
  9. October→10月
  10. Know→知っている

10問中何問正解していましたか?

とても簡易的なテストでしたが(どっちかというとチェックでしょうか)、10問中何問理解できていましたか?

この10問であれば7問正解がボーダーラインでしょう。

正答数が7問以下の場合は不合格の可能性があります、私の経験上この10問中の正答数と関連する合格確率はこれくらいでしょう。

  • 10問中10問正解→合格可能性90%
  • 10問中8問~9問正解→合格可能性80%
  • 10問中7問正解→合格可能性65%
  • 10問中5~6問正解→合格可能性50%
  • 10問中3~4問正解→合格可能性40%
  • 10問中1~2問正解→合格可能性20%
  • 10問中0問正解→合格可能性5%

最低でもこの10問中7問を正解していないと不合格になる可能性があります。

英検5級に合格するために必要な単語数に関しての詳しい情報はこちらの記事からご確認いただけます。

正解数が10問中7問以下だった、どうすればいい?

焦らずに一つ一つしっかりと頻出単語を覚えていきましょう

正解数が7問以下だったからと言ってパニックになる必要はありません。

正解数が7問以下なのであれば、それは単語力が英検5級の合格水準に達していないという事です。

まずその時点でやるべきことは単語力を伸ばすことです。

受験日までに合格に必要だと言われている300語から400語に近づけるかが第一の勝負になってきます。

頻出単語集から10語引っ張ってきて7問正解するレベルになって初めて過去問なり、問題集なりを解いていかれることをおすすめいたします。

  • 最頻出単語の7割は最低でも覚えておかないと落ちる可能性がある
  • 7割分からないのであればまず頻出単語をその水準に達すまで覚えよう

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!