【英検準1級筆記試験網羅】合格を目指す勉強法・対策・解き方ガイド

SPONSORED LINK

こんにちは、元英語講師として英検を指導し、個人的には18歳の頃に英検準1級を一発で取得したヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

英検準1級は

  • リーディング試験
  • ライティング試験
  • リスニング試験
  • スピーキング面接試験

の4つで構成されています。

合格する為にはこの中の何かが抜けていてもダメですし、すべて対策上で試験に臨まなければなりません。

しかし筆記試験の方がリスニングよりも才能や経験に依存する面が少ないので、対策の成果が出やすい傾向があります。

点を取るならまず筆記攻略です。

今回の記事では、英検準1級の筆記試験にしっかりと試験前に対策して本番に挑み、合格を目指すために、元英語講師で英検指導経験があり、自身は英検1級まですべてストレートで合格してきた筆者がリアルな知識を活かして攻略法、勉強法、解き方などをまとめて解説していきます!

  • 英検準1級筆記試験で単語力が重要な理由
  • 英検準1級筆記試験の構成内容
  • 英検準1級筆記試験各セクションの解き方や解説
  • 英検準1級で高得点を目指すための最終的な対策法
目次

英検準1級の筆記試験で単語力が一番大事な理由

英検準1級の筆記試験は単語力で6~7割決まる

英検という試験において、特にその中でも筆記試験において英検準1級レベルの単語力取得は第一重要項目です。

その理由はシンプルに、英検準1級レベルの単語力がなければ

 

  • 筆記試験の語彙問題を解けない
  • 筆記試験のリーディングを読めない
  • 筆記試験のライティングを幅広い単語を使って書けない

からです。

語彙問題に関しては完全に出題英単語を知っているか知らないかの問題なので、成績は単語力に100%依存します。

普通に考えて単語力が足りなければ筆記試験で落ちます。

英検準1級単語・熟語の覚え方

英検準1級レベルとなると受験者の方はほとんど高校生以上になるでしょう。

高校生以上であれば私が英検1級取得し、累計15,000語を覚えた単語カードもしくは暗記アプリを使った単語学習を強くお勧めします。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

なぜそのような覚え方がダメな覚え方なのか、そして私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

 

ちなみに私が一貫しておすすめしている英検準1級用の単語帳はこちらのでる順パス単です。

【音声アプリ対応】英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

正直こちらのパス単以外の単語帳は思いつかないくらいで、過去問の統計データを基にした頻出単語の選出が素晴らしいです。

私自身英検1級まで合格する過程でパス単以外の単語帳は使ったことがありません。

SPONSORED LINK

英検準1級筆記試験の構成内容

英検準1級の筆記試験は4つのパートに分けて構成されています。

  1. 語彙問題:25問
  2. 長文語句問題:6問
  3. 長文内容問題:10問
  4. ライティング:1問

下の級である英検2級よりも語彙問題が5問増えています、つまり英検準1級ではより一層単語力強化が必要です。

英検準1級大問1の語彙問題の解き方

英検準1級の語彙問題の出題パターン

英検準1級の語彙問題には基本的に2つのパターンがあります

  • 登場人物が一人でその文章の穴埋め(もしくは登場人物無しの単なる記述)
  • 登場人物が二人で会話に応対する文章の穴埋め

基本的に英検準1級の語彙問題では20問がこの2種類で構成されています。

割合的には圧倒的に登場人物一人(記述)の問題がほとんどで、登場人物が2人の問題はかなり少ないです。

しかし求められていることは全く変わらず、英検準1級レベルの語彙力を幅広く覚えて、使う事ができるか、という所のみです。

登場人物が一人の場合の出題例

例えば前者の登場人物が一人の場合、こんなような形式で問題が出されます。

The emergence of artificial intelligence would help to increase the (    ) at work.

1: Productivity 2: Responsibility 3: Captivity 4: Proximity

登場人物が二人の場合の出題例

登場人物が2人の場合ではこのような形式で問題が出されます。

A: I bought my daughter a very expensive dress the other day.

B: You shouldn’t (    ) her too much.

1: Spoil 2: Overlook 3: Pursue 4: Evacuate

こちらは私がオリジナルで作ったものなので実際の問題レベルとは異なる場合がありますが、出題形式としてはこのような感じです。

ここで一番知っておいてほしいのが

「語彙問題は知っていればすべて解ける」

という事です。

これはもはや覚えたか、覚えなかったかで決まる問題です。

つまり勉強すればここは誰でも得点が稼げます、さらに英検準1級ではここに25問も割り振られているのでラッキーと思うべきです。

知っていればサクサク解けるのでこの語彙問題にいかに時間を使わずに素早く進められるかも英検準1級筆記試験全体の進みを考えると重要です。

直近の英検準1級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検準1級の語彙問題の解き方

The emergence of artificial intelligence would help to increase the (    ) at work.

1: Productivity 2: Responsibility 3: Captivity 4: Proximity

結論から話すと、先ほど言ったように英検準1級の語彙問題は「知っているか知らないか」という次元の問題なので、解き方よりも対策法のが重要です。

知っていれば即答できる問題なのです。

こちらの問題では

「人工知能の出現は職場における○○を向上させるだろう」

1:生産性 2:責任感 3:監禁 4:近接

といった感じで、1番の生産性以外はもはや的外れも良いところです。

知っていれば1秒で解けますが、知らなければいつまで経っても正解を導き出すことは不可能です。

なので1つ解き方に関するアドバイスがあるとすれば、この語彙問題に絶対に時間を使わないようにしましょう。

分からなければ考え込まずに飛ばしてください、考えたって導き出せる確率はごくわずかですし、時間は長文問題やライティングに使った方が有意義です。

ここは割り切った諦めも非常に大切なんです。

語彙問題で時間の無駄遣いは絶対にやってはいけません。

英検準1級語彙問題の解き方や対策法はこちらの記事でもっと詳しく解説しています。

英検準1級大問2の長文語句問題の解き方

英検準1級長文語句問題の出題パターン

英検準1級の長文語句問題ではショートストーリーなどの短い文章が2種類用意されており、各長文3問ずつを解く事になります。

基本的な問われる能力は

  • 単語力
  • 熟語力
  • 文法力
  • 前後関係の理解

が挙げられます。

直近の英検準1級級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検準1級の長文語句問題の解き方

各段落の空所の前後関係をしっかりと読み取ろう

長文語句問題のもう一つの特徴として

「段落ごとに問題が1つ振り分けられている」

という事があります。

つまり空所に合う文を選ぶ問題なので、その段落、もっといえばその段落にある空所の前後関係さえ分かっていれば解けます。

前後関係が分かっていたらあとは文法含め4つの選択肢の意味が分かっているのかどうかです。

もう一度言いますが英検準1級の長文語句問題は

  • 単語力
  • 熟語力
  • 文法力
  • 前後関係の理解

が基本的に求められる問題です。

長文語句問題では問題の先読みはしなくてもいい

長文読解ではまず

「問題の先読みをするべき」

と常に言ってきましたが、この長文語句問題では先読みの必要性はそこまで高くありません。

なぜかというと、普通の長文読解問題とは異なり、長文語句問題では文章全体に対する設問では無く空所に文を当てはめる問題だからです。

なので先に選択肢を見てもあまり効果は無いですし、どちらかというと時間の無駄です。

一気読みは絶対に厳禁

先ほども言いましたが、英検準1級の長文語句問題は各段落に割り振られています。

なので段落ごとに読んだ流れで解いていくようにしましょう。

物語を最初から最後まで一気に読んでから問題に移っていては時間のロスが発生し、効率的ではありません。

1段落目を読んだらすぐにその1段落目に出てくる問題を解いていくようにしましょう。

一気読みをしない代わりに解き終わったら必ずすぐ見直し

一気読みをする必要はありませんが、1文章3問の問題を解いて、物語を最後まで読んだら物語全体の知識がついたうえでもう一度設問と回答を見直しましょう。

「最初からしっかり読み返せ」

という訳では全くありません、むしろ読み返しも厳禁です。

ストーリーを全部読み終わったうえで、先に解答した問題で選んだ選択肢と物語全体の内容にズレがないか、矛盾がないかどうかササっと確認するという事です。

最悪分からない時は消去法を使うしかない

語彙力と文法力が大きく問われる英検準1級の長文語句問題では、分からない時に考え込んでいてもしょうがありません。

何度も何度も読み返しても答えは出てきません。

そういう時は消去法しかありません。

この問題は英検準1級に出てくる数ある問題の1つに過ぎないと割り切って消去法で進めましょう。

時間が余ったらまた戻ってこれます、一番最悪なのは考えすぎた末に答えも導き出せず、時間を使ってしまったがために最後まで満足に問題を解けなかった状態です。

長文語句問題のより詳しい対策法や、長文語句問題と長文内容問題の違いの解説などはこちらの記事からご確認ください。

英検準1級大問3の長文内容問題の解き方

英検準1級長文内容問題の出題パターン

英検準1級の長文内容問題は長文語句問題と同様基本的に3つの文章(大問3A, B, C)から構成されています。

問題数は英検2級と比べると2つ減っています。

直近の英検準1級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検準1級の長文内容問題の解き方

本文を読み始める前に問題文に目を通すのは鉄則

長文読解を解く上でこのテクニックは必須です。

長文語句問題の記事ではこれと全く逆の事を言いましたが、最初に解説した通り長文語句問題と長文内容問題は同じ「長文」が付いている問題でも求められていることが違います。

長文内容問題では物語の全体像を把握した上で設問に回答しなければなりません。

必ず問題の先読みをする必要があります。

私も英検1級だけでなく、TOEIC、TOEFL、IELTSなどの英語試験を受けてきましたが、基本的に全体像を把握しなければならないタイプの長文問題はまず問題文に目を通しておくべきです。

特に英検準1級級の長文読解問題の本文はそこまで長い文章では無いのでなおさら問題文を先読みしておくべきです。

そうする事でより効率的に答えが書いてあるところを見つける事ができます。

問題文の中のキーワードを見つけ出す

問題文を先読みする際に必ずするべきなのは問題文の中で出てくるキーワードを抜き出すという所です。

例えば

  • 数字
  • 人物名
  • 名称
  • 時間
  • 値段

などがキーワードである場合が多いです。

問題文を先読みする際にキーワードを抜き出しておけば本文でそのキーワードが出てきたときにすぐ対応する事ができます。

もちろん問題文全てに気を取られていては時間が余計にかかって意味が無いので、自分が重要だと思うキーワードは先読みの時点でいくつか押さえておきましょう。

このような重要なキーワードを知っておくことで物語の全体像がつかみやすくなります。

時間がない切羽詰まった時の対応策

英検準1級の長文内容問題はライティング問題の前に出てくる問題です。

人によってはその前にかなり時間を使ってしまい残り時間がほとんどなくなってしまったという場合も少なくないでしょう。

そんなときに問題文も本文も一語一語しっかり読んでいてはそこでタイムアウトで終了です。

下手したらマークすらできずに非常にもったいない事になってしまいます。

本当に時間がない時はまず本文にある各段落の最初の1文だけ読みましょう、なぜかというと基本的に段落の最初の一文はその段落の概要が書いてあることが多いからです。

各段落の一文目を読めば本当になんとなくですがその物語の概要がつかめます。

そうすればあてずっぽうに回答してしまうよりかは正答率が上がるはずです、しかしこの方法は本当に時間がない時の最後の手段ですので時間がある時にはしっかりと読みましょう。

長文語句問題のより詳しい対策法や、長文語句問題と長文内容問題の違いの解説などはこちらの記事からご確認ください。

英検準1級大問4ライティング問題の解き方

英検準1級ライティングの出題例

これから例題を出しますが、見ていただいて分かる通り英検2級とはレベルが違います。

英検準1級からはしっかりとした英文ライティングが求められているのです。

まずは序文、ルール説明から

Write an essay on the given TOPIC.(与えられたトピックに沿ってエッセイを書きなさい)

Use TWO of the POINTS below to support your answer.(以下のポイントから2つ選んで、そのポイントを踏まえて質問に回答しなさい)

Structure: introduction, main body, and conclusion(構成:導入→本文→結論)

Suggested length: 120 150 words(推奨ワード数:120から150ワード)

Agree or disagree:Japan should take in more immigrants.(賛成か反対か答えよ:日本はより多くの移民を受け入れるべきだ)

Do you think Japan should take more action to protect environment?(日本は環境保護の為にもっと行動を起こすべきだと思いますか?)

日本と時事に関する質問が出されることが特徴としてあります。

時事問題に詳しくないと良い文章が書けません。

つまりしっかりと英文ライティングのルールを守って、実際に起こっている時事問題に対する意見を述べなければならないのです。

1つ下の英検2級ライティングよりも1段も2弾もレベルが上がっています。

英検準1級ライティングの解き方と評価基準、減点対象

語数は120~150単語程度

英検準1級ライティングでは120~150単語程度を含む文章を書くことが求められています。

これは一つ下の2級の目安語数よりも50語ほど増えています。

トピックで求められる意見や理由が述べられているか

トピックに沿って自分の考えを論理的に理由付けする必要があります。

深い説得力のある理由が好まれ、単純な理由(環境保護は大切だから)などは最悪です。

環境保護は大切だから、という事を言いたいのであれば、環境保護をしないと最終的にどのような悪影響を及ぼすのか、そしてどうすれば改善できるのかなど深掘りする必要があります。

  • 単純で浅い理由付け→その理由に沿った理由をさらに深掘りすべき

ライティング構成の流れは分かりやすいか

途切れ途切れではなくしっかりとした滑らかな流れの文章で書かれているか(接続詞や副詞を使って)

自分の言いたい意見を1行1行ではなく、作文全体として主張して議論できているかが大切です。

例えば極論自分の意見をたくさん羅列しているだけではだめです。

さらに英検準1級では導入→本文→結論の順番でしっかりと構成された文章が求められています。

  • 途切れ途切れで色々な意見を述べてまとまりがない→文章の流れを考えて作文全体として議論をして自分の意見を主張するべき

トピックに沿った単語や熟語が使えているか

トピックに沿った専門用語を使えるかどうかも非常に重要です。

さらに同じ単語ばかりを使わずに、多様な語彙を駆使して適切にしようできるかどうかも評価対象です。

しかし頑張って難しい単語ばかりを使ってそれが間違った使用である場合逆効果にもなり得ます。

これは英検準1級レベルの単語力を事前に付けておくことで上手くいきます。

  • 適切な語句を使えていない、同じ単語ばかり使っている→できる限り多様な語彙を披露して、適切な単語を使う

文法や構造のバリエーションは豊富かどうか

同じような文法を使い過ぎないのも注意点です。

例えば I think~ I think~ I think~ と何度も何度も羅列するのは好まれません。

先ほど単語のバリエーションが重要である、という話をしましたが、文法でもバリエーションは求められています。

とにかく同じような言い回しを並べるのはやめましょう。

  • 同じ文法を続けざまに使っている→できる限り多様な文法を使って構造を豊かにする

聞かれたことに忠実に答える

聞かれた質問にストレートで答えましょう。

回りくどく説明したり、遠回りし過ぎたり、脱線してしまってはいけません。

  • 聞かれた質問に答えられていない→忠実に脱線しないように意見を述べる

矛盾した文章はダメ

I agreeと同意したにも関わらず否定の意見も述べるというのはNGです。

ライティングで絶対ダメなのは矛盾した文章を書く、そして結局何が言いたいのか分からなくなる事です。

  • 文章内で矛盾が生じている→賛成か反対を決めたらその立ち位置から絶対に動かない

具体例を挙げて説得力を高める

例えば

「子供はもっと早くから英語を勉強するべきだと思いますか?」

というトピックに対して

「はい、もっと早くから勉強すれば、より多くの日本人が英語を話せるようになると思います」

というだけでなく

「日本人は世界的に見て英語ができないと言われています」

だったり

「日本では英語のクラスでスピーキングの練習をする機会があまりありません」

のような一般的な補足情報を加えて構成していくと説得力が増します。

  • 具体例がなく説得力がない→トピックとあなたの意見に沿った具体例を挙げる

だけど関係のない補足はダメ

自分の意見を肉付けするような補足は説得力を高めますが、関係のない補足は一貫性がないので減点対象です。

例えば先ほどの続きで

「子供はもっと早くから英語を勉強するべきだと思いますか?」

というトピックに対して

「はい、もっと早くから勉強すれば、より多くの日本人が英語を話せるようになると思います。私は海外ドラマを観ていても全く理解できません」

結構極端な例ですが「海外ドラマ」なんてこの問題で組み入れる必要は全くない事ですし、さらに自分の経験を語っているだけなのでこんな補足なら書かない方がマシなレベルです。

  • 関係のない蛇足的な補足→関係のない事はとにかく書かない

自分の経験しか話さないのはダメ

アカデミックライティングは日記ではありません、自分の世界が全てと思い込んだり、賛成反対を決めるうえで自分の気持ちや経験だけを基にしたものはダメです。

私が英語圏で論文を書いていたときは基本的に「I(私)」という単語を使うなと言われたくらいです。

もちろん英検準1級では「I」という単語を全く使ってはいけないという訳ではありませんが、自分の意見をライティングで主張する際にその意見を正当化するために使う根拠は自分の経験ではなく必ず一般的な根拠で無ければありません。

あなたの事を一切知らない、トピックにあまり知識のない人にあてて書くように書きましょう。

「私は~だったので、賛成だと思います」

こんな事を言っても何の根拠にもなりません。

  • 自分の経験ばかり話す→根拠や理由付けは自分の経験以外から極力探そう

英検準1級ライティング問題の更なる対策法や心構え、そしてなぜ日本人は英文ライティングが苦手なのか、についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

英検準1級筆記試験問題の対策法

英検準1級レベルの単語、熟語、文法の習得

何度も言いますが英検準1級の筆記試験において英検準1級レベルの単語、熟語、文法力がないと話になりません。

これは長文内容問題でも全く同じです。

  • 語彙問題
  • 長文語句問題
  • 長文内容問題
  • ライティング問題

すべてで共通して必要な知識なのでまずこの部分の特訓から始めましょう。

ちなみに私が一貫しておすすめしている英検準1級用の単語帳はこちらのでる順パス単です。

【音声アプリ対応】英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

正直こちらのパス単以外の単語帳は思いつかないくらいで、過去問の統計データを基にした頻出単語の選出が素晴らしいです。

私自身英検1級まで合格する過程でパス単以外の単語帳は使ったことがありません。

文法に関しては

「最低でも高校卒業相当の文法レベル」

が必要です。

なので文法に自信が無い、苦手意識があるという人は大学受験用などの文法書で復習/予習をしましょう。

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

英検準1級単語・熟語の覚え方

英検準1級レベルとなると受験者の方はほとんど高校生以上になるでしょう。

高校生以上であれば私が英検1級取得し、累計15,000語を覚えた単語カードもしくは暗記アプリを使った単語学習を強くお勧めします。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

なぜそのような覚え方がダメな覚え方なのか、そして私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

英文速読法を覚えておくとリーディングが楽になる

リーディングスピードが遅いと長文問題は苦痛でしかありません。

過去問や問題集を解いてみても全然分からない、時間内に終わらせる事ができない、そんな状況です。

もちろん単語力などは勉強すればするほどついてくるのでやるしか方法はないのですが、長文読解に関してはこの英文速読法を覚えてから凄く楽になりました。

当時覚えた速読法は英検1級に合格する際も全く同じテクニックを使いました。

とても長く一生使えるテクニックなのでむしろ覚えないと損だと私は考えています。

英文速読法というのは文字通り「英語の文章を速く読む力」の事です。

国語のテストだって本を速く読んで内容をつかめる人の方が有利ですよね。

それと同じです。

英文速読のテクニックを知って、速読能力をトレーニングするために私が一番おすすめするのがこちらの本です。

改訂新版 2週間で英語の読解スピードが3倍になる本

英検とは関係のない書籍ですが、目からうろこの速読テクニックが数多く詰め込まれており、練習問題も1日ごとについているのでやりやすいものとなっています。

この中に載っているテクニックの中の1つを挙げるのであれば

「返り読みをしない事」

英語のテストでは一旦読んだ英文にまた戻って読んでしまいがちですが、それは絶対にしないようにというテクニックです。

こんなような実践的なテクニックがたくさん学べるので非常に有益な本です!

英検準1級の問題慣れするために問題集をこなす

単語、熟語、文法知識というのはいわば野球の素振りのようなもので、実際に実践練習をこなしていかないと大幅な点数アップは見込めません。

さらに事前に実践慣れする事で本番よりスムーズに無駄な時間を作らず解答を進める事ができます。

おすすめの問題集は

【CD付】DAILY25日間 英検準1級集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)

もしくは

【CD付】7日間完成 英検準1級予想問題ドリル 新試験対応版 (旺文社英検書)

より多くの実戦経験を積みたい方は最初に紹介した集中ゼミの方がおすすめです。

さらにある程度英検準1級レベルの単語と熟語を覚えた上で問題集に入るとより効率的に英検準1級合格への道を進めます。

SPONSORED LINK

最後は過去問で本番に向けて準備

苦手分野の補強をし、英検準1級レベルの単語、熟語を十分に覚えたら最後は必ず過去問で追い込みをかけましょう。

やはり受験するのは英検準1級なので最終的には過去問での対策は避ける事ができません。

問題集も良いのですが、やはり最後は実際のレベルで問題を解くことが必要になります。

もちろん過去問集は長文読解だけでなく他の筆記試験やリスニングでも使えるので、合格したいのであれば必ず1冊は持っておくべきです。

【CD2枚付】2018-2019年対応 短期完成 英検準1級3回過去問集 (旺文社英検書)

英検準1級過去6回問題集 ’19年度版

英検準1級過去問集 (英検赤本シリーズ)

英検準1級の過去問は様々な出版社が出版しているので、自分の残り日数などと照らし合わせながらニーズに合ったものを選びましょう。

これよりももっと詳しく

「4ヶ月計画で英検準1級を目指すスケジュール」

を特別に作りました。

ぜひその4ヶ月の勉強計画を知りたい!という方はこちらからご覧ください!

  • 英検準1級筆記試験の結果は単語力で7割決まる
  • 英検準1級筆記試験各セクションの解き方
  • 英検準1級筆記試験の攻略の鍵は英検準1級レベルの単語力、リーディング力の上達、過去問の研究

英検準1級の合格を本気で目指すならこちらの記事を必ず読みましょう!

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!