【英検準1級レベル解説】TOEIC換算などを踏まえて合格者がまとめて考察

こんにちは、元英語講師として英検を指導し、個人的には18歳の頃に英検準1級を一発で取得したヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

英検準1級と聞くと皆さんはどのようなレベルだと思いますか?

  • とても難しそう
  • 英文科の大学生なら受かりそう
  • ペラペラの手前?

受けた事のない人からしたら色々な意見がある事でしょう。

まずざっくりと結論から話すと

「英検準1級はそんなに難しくありません」

勉強すれば割と簡単に取れてしまいます。

今回はそんな英検準1級のレベルについて自分の経験や様々な情報を基に解説していきたいと思います。

  • 英検の公式が定める英検準1級のレベル
  • 英検準1級のレベルはTOEICやTOEFL換算でどれくらいなのか
  • 個人的に肌で感じる英検準1級のレベル
  • 英検準1級を受けるべきなのはどんな人なのか

本気で英検準1級で一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

英検準1級のレベルを解説!一体どれくらいのレベル?

SPONSORED LINK

英検準1級のレベルに関する英検公式の見解

準1級は、最終目標である1級の手前まで着実に力をつけているレベルで、およそ大学中級程度とされています。社会生活で求められる英語を十分理解し、また 使用できることが求められます。入試優遇や単位認定はもちろん、教員採用試験に優遇されたり、海外留学にも多方面で幅広く適用される資格です。試験内容は、一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

引用元:日本英語検定協会

この文章でのポイントは

  1. 大学中級レベル
  2. 実生活で求められる英語力
  3. 海外でもある程度通用するようなレベル

でしょうか。

大学中級と言っても日本には数多くの大学があって学力もピンキリなのであまりピンときませんが、日常会話くらいはできるレベルと定めているという事が読み取れます。

ちなみにもう1つ下の級である英検2級のレベルは「高校卒業程度」でした。

TOEIC換算で見る英検準1級のレベル

英語テストのレベルを測る指標として一つ

「TOEIC換算」

というものがあります。

大人の人からしてみるとこのTOEIC換算の方が分かりやすい場合があります。

TOEIC換算での英検準1級のレベルはズバリ

「710点くらい」

でしょう。

ちなみに英検2級では520点前後と紹介しました。

つまり英検2級から200点近くあがっているので英検2級と英検準1級には結構なレベル差がある事が見て取れます。

TOEFL換算で見る英検準1級のレベル

ちなみにTOEFLと比較する場合英検準1級は

「TOEFL ibtで60点から70点くらい」

でしょうか。

あくまで目安なので英検2級に合格しているからTOEICやTOEFLで目安点が取れるというものでは決してありません。

私が個人的に思う英検準1級のレベル

ここからは私の肌感覚でのレベル判断です。

分かりやすいように私の英検準1級取得までの前後関係を少し説明すると

  • 英検2級取得(17歳)
  • 英検準1級取得(18歳、英検2級取得から約6ヶ月後)
  • イギリスに住み始める(英検準1級取得から半年後)

英検換算でいくと準1級レベル以上の英語力(IELTS 6.5)をもってイギリスに行きました。

その英語力でイギリスに住み始めて感じたのは

「日常会話でギリギリ、むしろ微妙」

です。

ここでいう日常会話というのは何となく生きていけるというレベルでは無く、相手の言っていることが大体理解できて、自分の言いたい事を何となく伝えられる、一人で暮らしていけるというレベルです。

そこで行きついた結論は

「一人でなんとか生活していけるけど困難は数えきれないし一人で解決できない問題も多々ある」

というレベルです。

これが私が英検準1級(IELTS 6.5)持って英語圏に住み始めた時に感じたリアルな肌感覚です。

つまり英検準1級レベルすらない場合英語圏での生活は困難だらけです。

英検準1級で学ぶ単語はとても有能

もう一つ自分の経験からの情報ですが、英検準1級で学ぶ単語はぜんぶ役に立ちます。

覚えて無駄な単語は1つもありません。

いざ英語圏で暮らしてみると英検準1級で学んだ英単語をそこらじゅうで見る事ができます。

なので留学やワーホリを目指している人にはぜひ行く前に目指してほしい英検の級です。

英検準1級はどんな人におすすめ?

留学やワーホリを考えている人

先ほどの話と重複しますが、英検準1級で学ぶ単語はぜんぶ英語圏での実生活の役に立ちます。

最低でも英検準1級レベルの英語力を事前に付けておくといざ行ったときに生活が幾分か楽になるのは間違いありません。

なので留学やワーホリを控えている人にはおすすめしたい級です。

英語の勉強を始めた人の最初の大きな目標として

私は英検1級も持っていますが、英検準1級と1級ではかなりのレベル差がありますし、あそこは英単語マニアの領域です。

なので英検1級を目標に置くのではなく、まず英検準1級を目標に置いてみるのもいいでしょう。

英検準1級に合格すればある程度の英語力が付いたといえるので、そこからTOEIC、TOEFL、IELTSなど別のテストに切り替えて行ってもいいのではないでしょうか。

英検準1級は私の中では英語がある程度できるかどうかを見るうえで良い指標であると考えています。

少なくともTOEICよりは実際の英語力を測れます。

英語を今後使っていきたい大学生

英語のスペシャリストを目指す人は英検準1級レベルでは決して満足してはいけません。

しかし例えば他の分野のスペシャリストを目指しているけど英語も知っていれば幅も広がると考えている大学生なんかには英検準1級はぜひまず目指してみて欲しいレベルです。

  • 日本英語検定協会の公式によると英検準1級のレベルは「大学中級程度」
  • 私が思う準1級のレベルは「英語圏で一人でなんとか生活していけるけど困難は数えきれないし一人で解決できない問題も多々ある」
  • TOEIC換算では710点前後、TOEFL ibtでは60~70点前後だが、この指標を当てにしてはいけない
  • 留学やワーホリを控えた人、英語の勉強を始めた人の最初の目標として、英語を今後使っていきたい大学生の受験がおすすめ

英検準1級の合格を本気で目指すならこちらの記事を必ず読みましょう!

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!