【英検準1級合格を目指す】英検準1級のテスト構造を徹底解説!

SPONSORED LINK

こんにちは、元英語講師として英検を指導し、個人的には18歳の頃に英検準1級を一発で取得したヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

英検準1級の受験を考えている皆さんへ聞きます。

英検準1級の対策勉強を開始する前に英検準1級のテスト構造(どんな問題が、何問、何分の時間で)を知っていた方が絶対に良いと思いませんか?

そう、英検準1級の勉強を始める前に英検準1級の構造を知っておくのには大きなメリットがあるので。

  • 試験時間は何分で
  • どんな問題が出題されて
  • それぞれのセクションに何問ずつあるのか

などなどまず基本情報を抑えておかなければ効率的に対策を進める事ができないからです。

皆さんも受験などの試験を受けるときはまず構造を調べて、対策をして過去問を解きますよね?

テスト内容の構造を知らずに受けに行く人なんてほとんどいませんよね?

英検準1級もそれと同じなのです。

なので今回は合格を目指す英検準1級受験者の為に英検準1級の構造を大解剖していきます。

  • 英検準1級テストの全体構造
  • 英検準1級の問題数配分
  • 英検準1級の時間配分

英検準1級の筆記テストは90分の配分

英検準1級筆記試験の内訳

語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択25問
長文語句問題長文問題内にある空所の語句を埋める6問
長文内容問題長文の内容に関する質問に対する答えを選択肢から選択10問
ライティング質問に対する答えを英作文する1問

合計42問を90分で解く計算なのが英検準1級の筆記試験です、単純計算で1問当たり2分14秒使える計算です。

ここで特筆すべきは英検2級と比較して

  • 試験時間が5分増え
  • 語彙問題が5問増え
  • 長文内容問題が2問減った

ところです。

英検準1級では本当に単語力の取得が重要です。

SPONSORED LINK

英検準1級のリスニングテストは30分

SPONSORED LINK

英検準1級リスニングテストの内訳

会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択12問
文の内容確認聞いた文の情報と一致するものを選択12問
Real-life形式の内容問題実生活で起こり得るリアルなリスニング内容と一致するものを選択5問

英検準1級のリスニングに関する出題方法は30分で29問を解いていく形式です。

英検2級とはかなり異なる構成内容です。

変更点は次のとおりです

  • 試験時間25分→30分
  • 会話内容問題15問→12問
  • 文章内容問題15問→12問
  • Real-life形式の問題が準1級で初登場

英検準1級の一次試験は合計2時間の71問

先ほどの内訳をつなぎ合わせるとこのようになります

英検準1級筆記試験

語彙問題文脈に合った正しい語句を4つ選択肢から選択25問
長文語句問題長文問題内にある空所の語句を埋める6問
長文内容問題長文の内容に関する質問に対する答えを選択肢から選択10問
ライティング質問に対する答えを英作文する1問

英検準1級リスニング

会話内容確認聞いた会話情報と一致するものを選択12問
文の内容確認聞いた文の情報と一致するものを選択12問
Real-life形式の内容問題実生活で起こり得るリアルなリスニング内容と一致するものを選択5問

英検準1級スピーキング二次試験面接

自由会話面接官と日常会話N/A
ナレーションイラストの物語の展開を英語で説明1問
自身の意見について(イラスト)イラストに関連する質問に答える1問
自身の意見について(カード)カードに書かれたトピックに関連する質問に答える2問
自身の意見について(社会)カードのトピックに関連した社会的内容の質問に答える1問

英検準1級になるとより自分の意見を述べるような問題が増えています。

二次試験の面接は基本的に7分間で設定されていますが、受験者のスピードや能力によって若干前後する可能性もあります。

二次試験に関しては特に初めての場合どのような形式で行われるのかを知っておくべき必要があります、そうしなければパニックになって力を発揮できません。

スピーキングの面接はとにかく平常心で居られるかどうかがパフォーマンスに大きく影響します。

もっと詳しく英検準1級の内容が知りたい場合はこちらの教本がとてもおすすめです。

【CD+DVD付】14日でできる! 英検準1級 二次試験・面接 完全予想問題 (旺文社英検書)

  • 筆記試験は4項目の42問90分
  • リスニングテストは3項目の29問30分
  • 英検準1級ではスピーキングの二次試験面接あり
  • この問題数と時間設定を基に解答プランを練ると英検準1級合格に近づける

英検準1級の合格を本気で目指すならこちらの記事を必ず読みましょう!

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!