ここで違いが出る?英検準2級大問2会話問題の重要性と解き方

こんにちは、数多くの生徒たちに英検準2級を指導して合格させてきた元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

前回は英検準2級の筆記問題で最初に登場する「語彙問題の対策方法や解き方」を解説しました。

そして今回見ていくのが英検準2級筆記問題大問2の「会話問題」です。
前回の「語彙問題」が高得点を稼ぎだす事ができる項目だとすれば、今回紹介する大問2「会話問題」はここでライバルたちに差を付けられるかもしれない場所とでも言いましょうか。
多くの人は「筆記で会話問題?」「大問1と一緒じゃないの?」
と混同しがちなこの会話問題ですが、語彙問題とは求められることは異なります。
今回は元英語講師の筆者が英検準2級の筆記試験大問2「会話問題」の解説と解き方、対策方法を紹介していきます。
  • 英検準2級の語彙問題と会話問題の決定的な違い
  • 英検準2級会話問題の出題形式
  • 英検準2級会話問題の解き方
  • 英検準2級会話問題に向けた対策方法

本気で英検準2級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

英検準2級語彙問題と会話問題の決定的な違い

SPONSORED LINK

筆記なのに会話問題とはどういうことか

さあこの「会話問題」は筆記試験に含まれています。

「筆記なのに会話??」

そう思った人も少なくないでしょう。

でも問題だけを見ると何やら大問1の「語彙問題」とかなり似た感じ…

一体どこが違うのか。

  • 語彙問題=文章を基にした問題
  • 会話問題=会話を基にした問題

と考える人もいますがそういう事ではありません、語彙問題の解説記事で紹介したように語彙問題でも会話を基にした問題は出題されます。

まず語彙問題で何を求められているのかというと文字通り

「語彙力」

なのです、つまり単語、熟語を中心にしたボキャブラリー力が問われている訳です。

日本の英語テストらしい問題なので多くの人も馴染みがあるでしょう。

しかし会話問題で問われるのは単語力、熟語力といったシンプルなものではなく

「会話フレーズ力」

つまりどれだけ会話で使われるフレーズや言い回し、さらに単語だけでなく会話の流れなど様々な要素の組み合わせとして知っているかどうかなのです。

なのでもちろん解答者は「単語」や「熟語」だけを知っておけばいいような問題では無いんです。

英会話を文字化した問題なので、筆記とはいえ英会話的な知識も必要なのです。

なぜここで差を付けられる可能性がある?

大問1の語彙問題の問題数は20問でしたね?

その一方でこの会話問題の問題数はたった5問です。

そうたった5問、しかしされど5問なのです。

会話問題を語彙問題とほぼ同様と考えている人や、5問だからと言って大して対策しない人はここの会話問題5問でいくつかを落とすことになる可能性が高いのです。

この5問中4問以上取れれば多くのライバルと差をつける事ができるでしょう。

そのためにはまず「会話問題」とは何かを詳しく知っておく必要があります。

SPONSORED LINK

英検準2級会話問題の出題形式

登場人物は常に2人

会話問題の形式では登場人物が2人常に登場します。

ManとMan

とか

ManとWoman

とか

BoyとGirl

など、登場人物間の会話が文章化され、穴を選択肢から選んで回答していくスタイルです。

英検準2級会話問題の出題例

英検準2級の会話問題ではこのような問題が出題されます。

A: Oh my god, did you watch the baseball game last night?

B: No I didn’t actually. (    ).

A: What? Really? But you still have two weeks until the exam!

B: I know but I like to prepare things in advance

1. I watched a comedy show instead. 2. I forgot about it. 3. I heard it was a good game. 4. I studied Math instead.

英検準2級の会話問題の特徴としてほとんどの選択肢が「返しとしては正解」という事があります。

つまり前後関係さえなければ正解な選択肢が4つ並んでいると考えてもおかしくありません。

この例題でも

「昨日の野球の試合見た?」

という問いに対する「見てないよ」…に続く会話として

  1. お笑い番組を代わりに見ていたよ
  2. 忘れていたよ
  3. いい試合だったらしいね
  4. 代わりに数学を勉強していたよ

という選択肢が並んでいます。

「昨日の野球の試合見た?」

の返しとしては全て正解ですよね?

しかしその次のAの返しが「え?本当に?まだテストまで2週間もあるのに?」

という風になっているので4以外は会話の流れとして間違っているという事になります。

直近の英検準2級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検準2級の会話問題の解き方

英検準2級の会話問題で早とちりは絶対に厳禁

A: Oh my god, did you watch the baseball game last night?

B: No I didn’t actually. (    ).

A: What? Really? But you still have two weeks until the exam!

B: I know but I like to prepare things in advance

1. I watched a comedy show instead. 2. I forgot about it. 3. I heard it was a good game. 4. I studied Math instead.

英検準2級の会話問題で早とちりをしては絶対にいけません。

なぜなら先ほども言った通り選択肢はすべて1つの返しとしては正解だからです。

そこで「あ、この返しで合ってるな」と言って早とちりをして解答していては間違えてしまいます。

必ず問題の会話文は最初から最後まできっちり読みましょう。

前後関係の前より後を見る

この会話問題の大きな重要要素として「会話の流れを掴む」という事があります。

つまり指定されて部分の前後関係を理解するという事ですね。

しかしこの会話問題では前後関係の前より後のが大切です。

何度も重複しますが、ほとんどの場合、出題される選択肢すべてが前後関係の前には合っている選択肢だからです。

違いを生むのはその問題部分の後の部分なのです。

出した例でいくなら

「昨日の野球の試合見た?」

よりも

「え?本当に?まだテストまで2週間もあるのに?」

の方が正しい選択肢を選ぶ上で必要な情報なのです。

もちろん前後関係両方大事ですが、前後の後には特に注意して読んでいくといいでしょう。

あとは会話のキャッチボールの流れを上手く掴む会話センスも必要ですね。

英検準2級の会話問題の対策法

キーフレーズ(疑問文の先頭)とその応答を必ずまず覚える

例で出したものとは異なりますが英検準2級の会話問題では1人が質問してもう1人がそれに応答するというパターンが多々あります。

なのでまず「疑問文の先頭」と「それに対する応答」をきっちりとクリアしておく必要があります。

例えば

How long~(どれくらいの時間、期間を聞いている)→期間を答える

When~(いつ)→物事がいつ起こったのかを答える

Do you~ Does he~など→答えはYesかNo

What time~(時間)→1pm、3 o’clockなど時間で答える

などなど、英検準2級レベルでよく出てくる各疑問詞の意味とそれに対する応答パターンを覚えておくと良いかと思います。

英検準2級レベルの会話フレーズおよび単語の暗記

語彙問題とは違うとは最初に言いましたが、英検準2級レベルの単語、熟語、フレーズを知っていれば知っているほどこの会話問題の正解数は上がっていきます。

なのでまず英検準2級レベルの単語や会話フレーズをしっかりと覚えるところから始めましょう。

覚える前から実戦練習をしてもあんまり意味がないのでまずは単語とフレーズ力強化、それだけです。

ちなみに私が一貫しておすすめしている英検準2級用の単語帳はこちらのでる順パス単です。

【音声アプリ対応】英検準2級 でる順パス単 (旺文社英検書)

正直こちらのパス単以外の単語帳は思いつかないくらいで、過去問の統計データを基にした頻出単語の選出が素晴らしいです。

自分自身英検1級まで合格する過程でパス単以外の単語帳は使ったことがありません。

英検準2級単語の覚え方

英検準2級レベルとなると受験者の方はほとんど中学生以上になるでしょう。

中学生以上であれば私が英検1級取得し、累計15,000語を覚えた単語カードもしくは暗記アプリを使った単語学習を強くお勧めします。

ノートに書いたり、暗記シートを使ったり、単語帳をただ眺めているだけではだめです。

なぜそのような覚え方がダメな覚え方なのか、そして私がずっと実践してきて累計約15,000単語を覚えた英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています、ぜひ参考程度でもいいので見ていってください!

文章会話の流れを掴む練習は問題集でこなしてみよう

先ほども言いましたが、この準2級の会話問題では「会話の流れをしっかりとつかむ」という能力が必要になります。

その能力を養う為に一番効果的なのは「英会話で場数を踏む」事ですが、もちろん英会話をし続けられるような環境に居る人はごく僅かでしょう。

英会話ができないのであれば英検準2級用に特化した問題集で問題をこなして能力を付けていきましょう。

【CD付】7日間完成 英検準2級予想問題ドリル 新試験対応版 (旺文社英検書)

こちらは会話問題以外にも使う事ができる問題集なのでおすすめです。

一つ注意事項があるとすれば、問題集に移る前に必ずある程度英検準2級レベルの単語を覚えておきましょう。

準2級レベルの単語力がないまま問題集に移っても大した効果を得る事はできません。

  • 英検準2級会話問題は合計5問
  • 英会話の流れを掴んでかつ英検準2級レベルの単語、フレーズを知っているかどうかが問われる問題
  • 書く疑問詞に対する応対パターンを覚えておくと非常に便利
  • 対策としてはまず英検準2級レベルの単語、熟語、フレーズを覚えるところから
  • 問題集などで実践練習を積む

英検準2級の合格を本気で目指すならこちらの記事も必ず確認!

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!
広告
Secured By miniOrange