【英検準2級長文内容問題】解答のコツと問題の特徴をまとめて解説

こんにちは、数多くの生徒たちに英検準2級を指導して合格させてきた元英語講師のヒデクラ(@ScratchhEnglish)です。

これまで英検準2級筆記問題の

  • 大問1語彙問題
  • 大問2の会話問題
  • 大問3の長文語句問題

の解き方、対策、勉強法を解説して来ました。

長文読解に苦手意識を持っている方も多いかと思いますが、しっかりと対策して効率的に解いていけば問題ありません。

今回は英検準2級の長文内容問題の解き方、対策、勉強法を解説していきます。

  • 英検準2級長文語句問題と長文内容問題の違い
  • 英検準2級の長文内容問題の解き方
  • 英検準2級の長文内容問題の対策方法

本気で英検準2級に一発合格を目指したい方はこちらの完全攻略ガイドからお読みください!

SPONSORED LINK

 英検準2級の長文語句問題と長文内容問題の違いとは

SPONSORED LINK

英検準2級長文内容問題の問題数は7問

英検準2級の筆記試験は

  • 語彙問題:20問
  • 会話問題:5問
  • 長文語句問題:5問
  • 長文内容問題:7問
  • ライティング:1問

の合計38問で構成されています。

長文語句問題と長文内容問題の違い

まず長文読解が一括りになっていた英検3級とは異なり英検2級では2種類の長文問題に分かれている為、この2つの違いを知る事は非常に大切です。

まずざっくり区別するなら

  • 長文語句問題=長文内の空所に適切な文を選ぶ
  • 長文読解問題=長文全体の内容に関する質問に対して適切な答えを選ぶ

このような違いがあります。

私の中では

  • 長文語句問題=文法的要素がより大きい問題
  • 長文内容問題=読解敵要素がより大きい問題

という区別の仕方もできると思っています。

語句問題では空所の前後関係理解が非常に重要である一方で、内容問題では長文全体の大まかな理解が必要になります。

どちらの方が易しく、どちらの方が難しい、という事では無く、同じ長文問題でも求められているところが異なるのです。

ただありがたい事に1つの長文に対して語句問題と内容問題が混ざっているという事では無く、別々の長文で行われるので対策はしやすいと言えるでしょう。

英検準2級の長文内容問題で扱われる内容は2種類

英検準2級の長文内容問題は長文語句問題と同様基本的に2つの文章(大問4AとB)から構成されています。

問題数の割り振りとしてはAに3問、Bに4問といったところです。

直近の英検準2級過去問はこちらの日本英語検定協会公式HPでPDFにて確認する事ができます。

英検準2級の長文内容問題の解き方

本文を読み始める前に問題文に目を通すのは鉄則

長文読解を解く上でこのテクニックは必須です。

長文語句問題の記事ではこれと全く逆の事を言いましたが、大問4のようなちゃんとした長文読解においては必ず問題の先読みをする必要があります。

私も英検1級だけでなく、TOEIC、TOEFL、IELTSなどの英語試験を受けてきましたが、基本的に長文問題はまず問題文に目を通しておくべきです。

特に英検準2級の長文読解問題の本文はそこまで長い文章では無いのでなおさら問題文を先読みしておくべきです。

そうする事でより効率的に答えが書いてあるところを見つける事ができます。

問題文の中のキーワードを見つけ出す

問題文を先読みする際に必ずするべきなのは問題文の中で出てくるキーワードを抜き出すという所です。

例えば

  • 数字
  • 人物名
  • 名称
  • 時間
  • 値段

などがキーワードである場合が多いです。

問題文を先読みする際にキーワードを抜き出しておけば本文でそのキーワードが出てきたときにすぐ対応する事ができます。

もちろん問題文全てに気を取られていては時間が余計にかかって意味が無いので、自分が重要だと思うキーワードは先読みの時点でいくつか押さえておきましょう。

時間がない切羽詰まった時の対応策

英検準2級の長文内容問題はライティング問題の前に出てくる問題です。

人によってはその前にかなり時間を使ってしまい残り時間がほとんどなくなってしまったという場合も少なくないでしょう。

そんなときに問題文も本文も一語一語しっかり読んでいてはそこでタイムアウトで終了です。

下手したらマークすらできずに非常にもったいない事になってしまいます。

本当に時間がない時はまず本文にある各段落の最初の1文だけ読みましょう、なぜかというと基本的に段落の最初の一文はその段落の概要が書いてあることが多いからです。

各段落の一文目を読めば本当になんとなくですがその物語の概要がつかめます。

そうすればあてずっぽうに回答してしまうよりかは正答率が上がるはずです、しかしこの方法は本当に時間がない時の最後の手段ですので時間がある時にはしっかりと読みましょう。

掲示の問題やEメールの問題はとにかくまず数字を探す

問題文を先読みする際にはキーワードを探すべき、と先ほど言いましたが、ちらしや張り紙問題が出てきた場合、本文のちらしや張り紙の中からキーワードをまず探しましょう。

  • 数字
  • 人物名
  • 名称
  • 時間
  • 値段

このようなものが張り紙の中には含まれている事が多く、高確率で問題で問われます。

なのでまずはこのようなキーワードを探せばスムーズに効率よく解いていく事ができるでしょう。

英検準2級長文内容問題の対策法

英文速読法は覚えておくと便利だよ

英検準2級の長文語句問題でも全く同じことを言いましたが、

英検準2級だけに関わらず、英語の長文問題を解く際には「英文速読」も鍵となります。

文字通り「英語の文章を速く読む力」の事です。

国語のテストだって本を速く読んで内容をつかめる人の方が有利ですよね。

それと同じです。

英検準2級を受験される方の多くは中学生又は高校生かと思いますが、速読法はマスターできれば学校のテストでも使えるし入試などのテストでも力を大きく発揮します。

習得して絶対に損はないので、ぜひおすすめします。

英文速読のテクニックを知って、速読能力をトレーニングするために私が一番おすすめするのがこちらの本です。

英検とは関係のない書籍ですが、目からうろこの速読テクニックが数多く詰め込まれており、練習問題も1日ごとについているのでやりやすいものとなっています。

レベルも英検準2級に挑戦する英語レベルであれば読めるような英語レベルの本なので難しすぎて無理!となる事は無いでしょう。

この中に載っているテクニックの中の1つを挙げるのであれば

「返り読みをしない事」

英語のテストでは一旦読んだ英文にまた戻って読んでしまいがちですが、それは絶対にしないようにというテクニックです。

こんなような実践的なテクニックがたくさん学べるので非常に有益な本です!

ボキャブラリーの取得ももちろん非常に大切

もう何度も何度も言っているので聞き飽きたかもしれませんが、長文語句問題でもボキャブラリー取得、すなわち単語勉強は必須中の必須ですからね。

単語勉強が必要にならないのは英検で存在しません。

必ずまず英検準2級レベルの単語力を付ける勉強をしていきましょう。

最後は過去問で追い込みをかける

これまで紹介した対策法などをある程度こなして英語の文章やストーリーを読むことに慣れたらここで英検準2級の過去問で追い込みをかけると非常に効果的です。

やはり受験するのは英検準2級なので最終的には過去問での対策は避ける事ができません。

もちろん過去問集は長文読解だけでなくリーディングでもリスニングでも使えるので、合格したいのであれば必ず1冊は持っておくべきです。

ちなみにCDは別売りです。

どちらとも長文問題ではあるのでアプローチは長文語句問題と同じ

英検準2級の合格を本気で目指すならこちらの記事も必ず確認!

本気で合格したい人以外には絶対におすすめしないおすすめ教材

英検1級まで一発合格し、英語講師として英検を指導した経験を持つ私がずっと使ってきた、ずっとおすすめしてきた旺文社の英検教材がパソコン、タブレット、スマホ仕様で大幅にパワーアップ

英検5級から英検準1級まで従来の

  • でる順パス単シリーズ
  • 7日間完成予想問題集シリーズ
  • 過去問

の使用に加えてデジタルデバイスだから可能になった追加機能が満載。

そんな定番教材でありながら次世代の機能を備えた英検教材を管理人ヒデクラが自腹で購入しメリット、デメリット、特徴を分かりやすくぶった切った記事がコチラ

本気で英検合格を考えていない方や、デジタルデバイスでの学習に抵抗がある方には絶対におすすめできません

最新情報をチェックしよう!